夫がなくなり息子が婚約者を連れてきた。自宅をなめるように見ていた婚約者「この家に住むことになるんだね」

多少フェイクありです。

一人息子が新社会人になった年に夫が急逝。
夫は夫婦共同で建てたマイホームの他に、
親から相続した実家(マンションの一室)を所有していて
息子がそのマンションを望んだので、私は自宅の夫名義分を、
息子はマンションを相続した。

息子が27歳になった時、
婚約者として自宅に彼女を連れてきて紹介された。

その彼女が家の中を“舐めるように”と言う表現がぴったりな感じで隅々まで見て
「この家に住むことになるんだね」と言った。

スポンサーリンク

私は同居するつもりは一切なく、
息子にも常々そう言っていたので

「同居はしませんよ。若い人は若い人で自分たちの家庭を作って行きなさい」

と言ったところ

「でもこの広さでおひとりだと物騒だし、同居しましょうよ。その方が安心♪」

と楽し気に言う。
ちょっと不愉快だった。
彼女を送って行ったあと、自宅に戻ってきた息子に確認のつもりで
「彼女にはちゃんと言ってるの?私は同居はしないよ」って言ったところ
なんでも婚約者が仕事が大好きな人で、
でも子供も欲しいから育児や家事は私に任せたいと言ってるらしい。
「母さんも孫と暮らせるほうがいいだろう?同居もいいもんだよ」
と言われた。

私は2年間だけ姑と同居したことがある。
2人目を流産してから妊娠できなかったことから始まり、
あらゆることで価値観の違いで衝突した経験から、
自分が姑の立場になったら同居は絶対しないと決めていた。

あれだけ息子にも話して聞かせていたのにと腹が立って仕方がなかった。
息子は会社の独身寮で暮らしていたのだが、
結婚したら当然あのマンションに住むんだろうと思っていた。
私は嫁や孫とは程よい距離の付き合いが一番だと思っている。
そう言った事をもう一度息子に言って聞かせたところ、何か様子がおかしい。
そのうち泣きそうな顔つきになって「頼むから同居させてくれ」と。
「隠してることでもあるなら、今全部言いなさい」と話を向けたら・・・。

スポンサーリンク

あのマンションは相続した翌々年に売却していた。
マカロ?パマロ?なんか聞いた事のない車。
3文字だったと思うがググっても分からなかった。
その高級車を買いたかったからだとか。
残ったお金は?と聞いたら、もう1000万を切ってるらしい。
いくらで売ったか聞いても答えない。
自宅に帰ってくるときはいつもバスだったし、
彼女を連れて来た時はタクシーだった。

意識的に車を隠していたと思う。と言うことは自分でもマズイ状況だと理解してるんだろう。
我が息子ながら、とんだ阿呆に成長したもんだ。
開き直った息子は「相続した以上、自分の資産だから俺がどうしようが勝手だ」と言っていたが、
その理屈なら私と頼るなと言いたい。
老後、息子の荷物にだけはなりたくなかったから、
定年まで働いてそのあとはパートでもして
それなりの年齢になったらこの家を売却してホームに入るつもりだった。
上物は二束三文だとしても、土地代とこれまでの貯蓄と年金でどうにかなる計算だった。

自分の人生設計が狂いつつあること、
平凡だが良い子に育てたつもりだったがそうでもなかったこと、
頭の中がぐるぐるしてその時は本当に修羅場だった。
結局、どれだけ頼まれても頑として同居を拒み
(あの彼女に対していい印象を持てなかったのも理由のひとつ)
それが原因の全てではないとは思うが、
彼女には結婚は白紙に戻されたとかで
息子から私のせいだと言われ、私はお前が悪いと言い大喧嘩。
息子から「おまえなんか捨ててやる。二度とうちには帰らない」
と絶縁を言い渡された。

その翌年の正月はひとりで迎えた。
寂しくなかったと言えば嘘になる。
その後、友人の勧めで保護猫の譲渡会に参加した。
昔飼ってたことがあるので慣れているつもりだったけど
10何年かぶりの猫の感触が新鮮で楽しかった。
半月のトライアル期間を経て、正式に飼い主になれた時は嬉しくて
抱きしめてしまった。
もう息子のことはいい。
この子と捨てられたもん同士で一緒に生きていこうと思った。
あれから数年が過ぎているが、言葉通り息子は一切うちには帰ってこない。

スポンサーリンク