私が父の子供じゃないと判ったときが修羅場

もう大分昔のことなのだけど、
私が父の子供じゃないと判ったときが修羅場
判ったのは中学生のときヒステリーで
家事もあまりしない母親だった人が浮気して
その相手と結婚する為父に離婚してくれと要求したのがきっかけ

いろいろあって両家祖父母間ででてきて
話し合う大問題に発展した中
やり直そうと言う父に浮気に酔ってた糞女が
託卵や歴代浮気をぶちまけた

スポンサーリンク

私は家事は最低限で子供にもかまわない母親と忙しいながら
時間があるときにはあるだけ可愛がってくれた父だったら
断然父のほうが好きで離婚したら父についていきたいと
思っていた私が修羅場

さらに話し合いが続く中ストレスで父が脳卒中で帰らぬ人となり
修羅場を通り越して絶望した

その上母親は通夜の日でさえ浮気相手に会いに行くし
今度は再婚に私が邪魔だと怒鳴りつける
母親実家は流石に母の育ての家って感じだし
大好きだった父方祖父母は意気消沈して、
私が話しかけるのも躊躇われた

スポンサーリンク

このまま私は施設に行くのかな、
でも母に引き取られるよりいいなって思いながら
ひたすら線香の番をしてた

このとき助けてくれたのが父の姉に当たる伯母
遺産全部持って浮気相手のところに行こうとする母親を締め上げ
私の分を確保

それだけでなく、自分の家庭に私を引き取ってくれた
理由を聞いたらお父さんがなくなって
自分と同じように悲しんでいた〇〇は、
間違いなくお父さんの家族で娘だからって言ってくれた
今では血はつながっていないけど完全にこの人が私の母だ

一緒に台所に立ったり、遊びに行ったり大らかで優しくて
本当に大好き
お母さんってあったかいものなんだなって引き取られてはじめて感じた

新しい父も兄弟も皆優しくて明るくて
本当に私は恵まれていると思う
もう自立して長いけど、大事な家族

産みの親が先日なくなったと聞いて
色々思い出してわーっとなったのでカキコ

スポンサーリンク