近所の幼稚園では送り迎えの時間には違法駐車で狭い道がふさがる。家から出た時、 ガガガガーって聞こえてきて

近所の幼稚園では送り迎えの時間には
違法駐車で狭い道がふさがる。
何度も苦情を入れてるんだが改善されず、困ってる。

ある朝、家から出た時、
ガガガガーって聞こえてきてびっくりして見たら
並んだチュプ車の脇をこれまたチュプ車が
ガツンガツン当たってた。

運転者はこっちの方を焦った様に見てて、
助手席の子供もポカーン。
ぶつけた車の方を見ろ!!!

そしてベッコリと数台の車をへこませ、
横ストライプをつけた後(ここまでしてもまだこっちを見てる)
凄い勢いでろくに後ろも見ずにバック!
塀にこすりながらも逃げていった。

スポンサーリンク

あまりの事にポカーンとしたが、
内心ザマーミロwwと思いつつ幼稚園に通報。
しばらく違法駐車チュプ達が道路でチャーピー騒いでいた。
そしたら「私達がここに車を「停めさせてもらってる」
事に反対の住民から嫌がらせを受けた!」と脳内変換。
こいつらホント腐ってんなと思ったが、
ぶつけた車の特徴と助手席に子供が居た事で
幼稚園に送りに来た女がやったと言ってやった。
その女の車もボコボコだったし、犯人はすぐに捕まった。
だが数日後、顔見知りの人から聞いた事。
その犯人はみなに責められ、
責任を取る様に言われた時
「あの時家から「飛び出してきた」男(俺)が居てよける為にハンドル操作を誤った」
と主張した事が判明。最初に車をぶつけた位置はうちより10mほど離れた場所で
玄関開ける直前に音が聞こえてきたってのに。
さらに「あの家の人は駐車する人に対して異常な程の嫌悪感を持ってる。
だからあの人を見た瞬間に何か危害を加えられるんじゃないかと恐ろしく、
子供も居たので逃げるしかなかった」
と言い訳もしてたらしい。
知人はおいおい、と思ったそうだが一部の違法駐車連が納得してたらしい。
それはしょうがなかったかもねって。
段々と盛り上がり「修理代の一部を住民に負担させたらどうか!」
という意見まで出たらしい。
元々駐車してた大き目の通りを追い出された、
あそこに停めていれば事故はなかったはずって。
今まではあんまり熱心にやってなかったが、
これからは違法駐車反対運動にも積極的に参加する事にした。

スポンサーリンク

今までは近所って事もあって
何とか円満解決を目指してたんだけどもね。
幼稚園側で駐車場を用意するとか、バスを出すとか。
チュプどもの自主性にはまったく頼れないし
その幼稚園自体がノラクラと逃げ腰でさ。
今度また今回の事故の件を含めて住民集会があるから行ってくる。
細い道だから見通しが悪くなって危ないんだよな。
運転してるのがチュプどもだから余計に。
あれでよく免許取れたもんだよな、ホントに。公道走ってるって事自体が神経分からん。
大体あの事故った女だって連続で並んだ車をガンガンぶつけ続けたんだよ。
しかもぶつけてるのにそっちも見ない、逆に反対の方とかをキョロキョロ。
これは焦ったのと目撃者が居るかどうかを探してたのかもしれないけどさ。
そして車から降りようともしない。
全てが神経分からんだよ。

何ていうか自分が大勢の人に迷惑をかけているって事を
理解してないんだよな。
「皆停めている」「ちょっとの間だけ」「駐車場がない」、
果ては「子供を迎えに行くなというのか!」とまで来る。
世間の常識やルールは「子育て」という伝家の宝刀でぶった切り、
図々しさや非常識を責められたら
「育児という戦争に立ち向かう孤高の戦士」になって
「子育てをする主婦の大変さを理解しない世間の冷酷さ」を振りかざすんだよ。
そして斜め上どころか上空一万キロで旋回。
しかもそれが集団だからたちが悪い。
その上空でぶつかり合えば上から残骸が降ってきて地上を破壊。
どれ程怒ろうと、奴らははるか彼方でこっちは全く見えてない。
むしろ遠くの方で小さく見える「子供の居ない惨めな奴ら」の「やっかみ」を見下してる感じ。
まともな人ももちろん居るんだが、少なくても俺のまわりではごく少数。
あいつらはいつからああいった非常識人間になるんだろうか。

地域住民が散々責めたって聞かないのに
幼稚園から遠慮して、何て言われた位じゃ聞かないだろうね。
むしろ「子供を預かる園が母親を理解してない」って切れるんじゃない?
向こうからしたら「ほんのちょっとの間も我慢できないキチガイ」
とか思ってそうだし。

スポンサーリンク