エセ不思議ちゃんこじらせてた私「私の中の泥の部分が〜」

エセ不思議ちゃんこじらせてCoccoとか
そういう病んでる系に憧れてた時期があって、
路上で気持ち悪い絵や詞を披露したり、
土砂降りのなか傘も持たず
白いワンピ着て裸足で外に出て踊ったり、
悲しみに暮れてる感じを体全体で表現したり、
黒いワンピを着て

「私の中の泥の部分が〜」

とか言って苦悩にのたうちまわる様を体現したりしてた。
思い出すだけで死にたくなる。

スポンサーリンク

キモい詩や絵は他人に向けたものだけど、
あふれでてくるものを体現してたのは
発作的に家の中とか庭とか近所の公園とかで
やってた自己満さながらだから…
いまだに実家に帰ると弟に模倣されて、

うあああああああ!!!!!!!!!ってなる…

いや、弟が私を更正させてくれたw

スポンサーリンク
始めは「うわぁ…」ってなってた弟が
面白がるようになり、私が部屋や庭で
表現し始めると乱入して表現を
かぶせてくるようになって、
始めは馬鹿にするなとキレたり
無視したりしたんだけど、さすが姉弟、
段々とシンクロ率が高まって、
母親はそれがおかしくて仕方なかったらしく
ある日ビデオでこっそり撮影してて、
それを兄が帰省して家族が揃った
元日に上映されて、あまりの恥ずかしさと
弟とのコラボがギャグすぎて(1人でも十分ギャグだが)
目が覚めた。
 
結婚式のとき弟が作成してくれた
プロフィールムービーにこっそりその映像が入ってて
憤死しつつも、色んな気持ちがこもった汁が
目からだくだく出た。
 
ちなみに近所の方々には
ミュージカルダンサー目指してると
母がフォロー入れてくれてたらしい。
 
あ〜恥ずかしい…
私19-20歳、弟は2歳下。
いい歳こいてました。
黒歴史なので…
シンクロと言うか、私が空を仰いだら
弟が私の前とか後ろで手を振り下ろし、キメッ!
私がこの世の悲しみに悶えたら弟が私のまわりで
私を悲しませるものを表現したり
慰める何かを表現したり、そしてキメッ!
私が右へ移動したら弟が逆地点から
左へ移動して交差してキメッ!
みたいな。
アホでした。
 
帰省して夫がいないときに雨が降ってたりすると
 
「姉ちゃん!雨!雨ふっとるよ!悲しみの雨!
悲しいねっほらっ悲しみ!」シュタッ(悲しみを表現
 
って感じで遊ばれてます。
 
ちなみに現在私30弟28。
お粗末様でした。

 

スポンサーリンク