エレベーターに念じた結果

ある日嫁とエレベーターに乗ったとき突然言った。

「子供の頃住んでたマンションのエレベーターってさ、
念じるだけで自分の家まで連れて行ってくれてたんだよねー」

詳しく聞くと子供の頃、嫁は自分の住む11階まで行くのに
エレベーター操作をしたことがないらしい。

嫁が初めてエレベーターに乗ったとき、
勝手に扉が閉って開いたら自分の住んでる階まで
ひとっとびなことをすごい、すごいと感動していて

スポンサーリンク

「私にもできる?」

と親に聞いたら

「できるよ、念じればいいの。
家の前まで連れて行ってくださいって」

と言われたことを真に受けて、それ以来、
1人で乗るときも念じるだけで自分でボタン操作をした記憶が
ないとのこと。

スポンサーリンク

それで家に帰れていたわけだから、
エレベーターは念じるものだと永らく思い続けていたらしい。

そして中学生になって初めて友達とデパートに行ったとき、
エレベーターに乗って何の操作もしないで
突っ立っている嫁に友達が

「どうしたの?」

と聞いたところ

「念じてるんだけど?」

と真顔で答えたらしい。
そこでエレベーターは自分で操作しなければいけないのだと
知ったのだと。
俺の予想だと自分で操作はしてたと思うんだな。
馬鹿な嫁のことだから、自分が魔法使いにでもなった記憶を
優先させて都合の悪い情報は削除したのだと思い、
嫁バカスレに投稿してみた。以上。

スポンサーリンク