俺が最後に行った島がどこかが全く分からないんさ グーグルMAPで探したけど、やっぱり分からん

離島好きな人と話してて、あれ?それどこ?ってなって、
もしかして不思議な島行ったんじゃねぇか?
って話しをするから暇だったら聞いてちょんまげ
長いかもだから、途中規制入ったらまた明日でも続き書く
昨日仕事場の人と沖縄の話ししてたんだよ。
俺もその人も離島大好きで、八丈島とか小浜島とか竹富島とかの
話しで盛り上がったんだけど、俺が最後に行った島がどこかが全く分からないんさ
グーグルMAPで探したけど、やっぱり分からん

スポンサーリンク

当時付き合ってた彼女と、沖縄本島、八丈島、竹富島、小浜島と、
毎年一つ島づつ旅行してたんだけど、その人ととの最期の島が、謎なのよ
毎回旅行の計画は二人でしてて、旅行の前から「ここにしようか?
あっちにする?ホテルは?」とかいうのも楽しみだったんだけど、
その島の時は彼女が『ずいぶん色々行ったし、
今回は特別な島行こう!手配は全部あたしに任せとき!』ってな感じで
「え?なになに?教えてよw」
ってどんなに聞いても『楽しみにしててΣd(-`ω´-〃)』って教えてくれなかった

当日、沖縄本島まで行ってそこから石垣島へ
で、石垣島からが、いま思い出すと、確かに不思議だったのよ
昨日話した仕事場の人もここからの話しに「?」てなって、グーグルMAPで島探し
石垣島から竹富島とか小浜島へのフェリーとか連絡船が出てて
その船を待つ船待ちセンターみたいのがあるんだけど、
毎年来てるのと同じくその日もそこで、船を待ってた
季節は夏。そのセンターのお土産屋で売ってるマンゴー食べながら(絶品です)

『船来たよ!』っていう彼女の声
フェリーみたいなのかなぁと思ってたら、
おジイの手漕ぎ船で、おお!コレはまた素晴らしい旅情!と感じ、ウッキウキで乗船
仕事場の人(以降田中)曰く、あの乗り場に手漕ぎ船って来るのかな?との事
俺と彼女とおジイの乗船で、もう定員いっぱいかな?もう一人くらいは乗れるかな?ってサイズの船
出航
少しして彼女が左手に見える島を指差して『ほらアレ!
竹富島!楽しかったねー!その向こうのアレが小浜島!』
と言ってた

この辺りで田中が「フェリーだってちょっと時間かかるのに、
少しして左手に竹富島何て手漕ぎ船のスピードじゃ不可能」と
グーグルMAPで2人で確認
俺が見た竹富島は島全体が見えて、
その向こうに小浜島見えたから、確かに船のノットがとんでもない
その時はそんな地理的な話し全く知らんから
「おおー!行ったねー!こりゃ良いわ!」と、もう酒も飲み出してテンション最高
それから15分くらい。もう、360度海、しかも怖いくらい青い
ってか、本当にちょっと怖かった
これ、遭難すんじゃないの?さっきから船頭さん計器も何も見てないよって

でも彼女は、何か懐かしい場所を見てる風に海を見てた
目の前を飛び魚が飛んで行くし、
遠くではイルカが跳ねるし、真下に青海亀が泳いでるしで
「ああ、世界って、こんなにも美しいんだ…」って感じた
言葉では言い表せない、本当にこの世界の果てみたいな海
ようやっと島が見えて来た
『あそこ!あの三角の所がホテル!』と、彼女
その船に乗ってたのは1時間弱、30分か40分くらいだった

船から見える島の大きさは、まあ、小浜島くらいだと思う
着岸すると思われる浜の上に森があって、その中に三角の建物が見える
その周りは360度海、他は何もなかった
船頭さんとの会話は殆ど世間話しで、島の話しは全くしなかった、
今思うと、確かに何でしなかったんだろう…?
田中曰く、与那国かな?との事だけど、手漕ぎで40分じゃ不可能、絶対無理
尖閣?魚釣り島?と話したけど、もうそこからはwwwwwwって感じで、
お前どこ行ったんだよwwって話しになってデロデロ

島に到着
本当に、ここは何処だよ?っていう、とんでもない美しい世界
浜からは海、海、海、たまにイルカ
空は何処までも青
酔っ払ってた俺は「天国だーーー!」って海に叫んで、瞬間、あ、ヤバい、島民とかに笑われる!
と思い周りを見て、船頭さん見て、彼女を見た
そしたら彼女が『大丈夫、誰もいないから、もっと叫んだらww』
一瞬、誰もいない?ん?って思ったけど、その時は違和感を感じはしなかった

船頭さんにありがとうございましたってお礼して、三角ホテルへ
船頭さんとその時話したのは「ここはなぁんにも無い、
だから全部あって、本当に良い所だよ」って言われて、ああ、確かにそうだな、良いなぁって海見ながら思った
浜の先、海岸植物の森を少し登った小高い場所に三角ホテルがある
結構大きい宿泊施設ぽくて、入り口で、支配人さんが出迎えてくれた
まだ50くらいのイケメンさん
彼女は知り合いらしくて、支配人さんは彼女に「ここに人を連れて
お見えになるとは思いませんでした(笑」って話してた

スポンサーリンク

「なんだよw元カレとも来たのかよw」って言ったら
『ここは特別だから、家族と来た事しかないよw安心しなさい』
と言われ、まぁ、嘘だな、元カレだな、でもこんな素晴らしい場所に
連れて来てくれたんだ、感謝せんとな、と前向きに
で、支配人さんとホテルの事とか宿泊のルールとか話して、
その内容が、田中に話してたら確かに不自然だったと気付いた
俺等が着岸した浜は「トコの浜」というんだけど、基本、海で遊ぶならトコの浜だけにしてくれ
島の反対側には「ニシの浜」があるけど、そこは昼間は立ち入り禁止です、
夜は夜空が素晴らしいので、是非行って見て下さい、との事

旅行サイトとか探しても、確かに無いのよ「トコの浜」
遠くにイルカ見えるような素晴らしい浜なのに、確かに不自然
酔っ払い俺は「昼間行きたいですよ!ダメ?今から!」と悪ノリ
そうしたら、支配人さんはニコニコしてて、彼女から怒られた
『離島はね、その島その島で風習があるの。あなたはちゃんと人の話しを聞くから連れて来たの。ダメです』
俺「はい」

ホテルの部屋に案内されて、まあーーーー、部屋から見える景色の素晴らしい事
窓からだからアレだけど、190度ビューみたいな部屋
で、ニシの浜見えるしw
俺等が乗って来たみたいな手漕ぎ船で、結構人が着岸してる
「人いるじゃん!行っても分からんだろアレ。行こうよ!」
『ダーメーなーの!ダメなのはダメ!夜行こうね(*´∀`)』
この時も、まぁまぁ、こんな素晴らしい島に連れて来て頂いたのだから、
言う通りにしよう、と、違和感は感じなかった

ホテルから出て島の探検だ!ウヒャー!とテンション最高潮!
本当に何も無い
山、海、だけ。それが良い。
コンビニもスーパーもない。その時は不思議に感じなかったけど、JAもないし、なにより、郵便局がない
でもまた不思議。これはその時も不思議だと思ったんだけど、一件だけ飲み屋がある
ホテルから15分くらいの所に小料理屋みたいな飲み屋があった
「今夜はここで朝まで酒だ!」
『はいはい(^.^)』

とにかく、言葉では表現出来ないくらい美しい世界だったんだ
で、夜、飲み屋に行った
貸し切り状態で、料理も美味しいし言う事無しだったんだけど、
ここで流石にオカシイと思い始めた俺
昼間ホテルから見えたニシの浜に、沢山人が着岸してたのに、何で貸し切り何だろう?
と言うか、人がいない
初日の興奮で島を探検しまくったけど、誰ともすれ違う事すらない
彼女『本当にラッキーだよ!楽しもう!』だけ

その島に4泊したが、誰とも会わなかったんだよ
でも、朝部屋から見えるニシの浜には、毎日沢山人が着岸してた
その時は、まぁ、ニシの浜は金持ちのVIPだけの場所で、
庶民は昼間は近づくな、って事なのかなって思ってたけど、
夜空は毎日天の河の見える浜で、なんでVIP来ないんだろ?って思った
でも、でも、だ、こんな素晴らしい島に来たって事が嬉しくて、疑問なんて持つ暇なんて無い
で、最後の日、ホテル出る時、支配人さんから
「後々の事は(彼女の名前)様から聞いて下さい。いつかまたいらっしゃる時は、
もっとこの島を好きになってもらえると思います」みたいな事を言われた

ウザったいだろうからそろそろ終わろうと頑張ります
帰りも、来た時と同じ船頭さんの小船
「彼女ちゃんから後々の事は聞いてって言うさっきの話し、何?」
『うん、この島の場所は絶対誰にも言わないで』
「言うも何も、石垣からこの船でいきなり来たんだから来れないよw」
『だよねwだから、こーゆー方法にしたw』

『あと、この島の話しも誰にもしないでね。するんだったら、あたしが死んでからにしてw』
「何だそれw」
ここまでがその島での話し
彼女は島から帰って来て、一か月くらいではねられて死んだ
それから丁度、一年になる
丁度一年で田中とこういう話しになって、何か運命?みたいなのを感じて、
オカルトは全く興味無かったんだが、南の島の伝説?みたいのを調べたら、
ニライカナイって島が出て来て、俺があの日行ったのは、ニライカナイだったんじゃないか?って思ってる

多分ニライカナイに行ったけど質問ある?って感じで書き込みしてみました
長くてゴメン
長くなり過ぎるとアレだから、かなり島の話しは省いてる
質問あれば色々答えられると思う、4泊したから

俺彼女と別れたりすると、思い出のある物全部処分しちゃうんだよ
見る度思い出しちゃうから
画像無いんだ、いっぱい撮ったんだけど
すまん

スポンサーリンク