オークションに1円で出品した結果

おだやかな休日、その出来事は起こった。
パパとプロレスごっこの最中、
はしゃいぎすぎた子供が電話機を台から落下。

「なにやってんの!あんた達!」

怒るママ。

「これはもう修理より買ったほうがいいですね」

近所の電気屋のおじさんの無情なお言葉。

「パパのお小遣いから買いなさいよ!」

スポンサーリンク

ママに叱咤され、近くの店を見てまわるも、
新品の電話機はどれも高い。

「そうだ、あの手があった!」

オークションを思い出すパパ。

「お、1円即決送料のみ!これにしよう!」

早く郵送してあげないと
ママの怒りが復活してしまう。

「電話が無いと不便でしょうがないわ!」

萎縮する父と子。

俺はそんな彼らを見たくなかった。
発送は入金をまたず、速攻送った。
正確には入金はして貰わなかったのだ。

「ゆうパックシールが10枚たまったので、ただでいいです」

俺は嘘をついた。
シールはまだ4枚しかたまっていなかった。
嘘は大嫌いなのだが、この嘘はついてもいいと思った。

数日後、ゆうパックで品物が届いた。

「俺なんか落札したっけ?」

依頼主の名前に見覚えは無い。
中を空けてみると○○県の産物が数点と手紙が入っていた。

「先日はとても素晴らしいお取引をありがとうございました。
現在お盆で帰省中なのですが、
自分用に毎年買う3点セットを送らせて頂きます。
本当にありがとう御座いました」

スポンサーリンク

ああ・・・俺は何てことをしてしまったんだ。
こんな事なら送料受け取っていれば良かった。
お土産1点、超安く見積もっても500円。3点で1500円、
送料をプラスしたら2000円オーバーじゃないか。 

ただでさえ少ないパパ財布に膨大な負担をかけてしまった。
俺はいてもたってもいられなくなり、
すぐさま母親に電話をした。

「悪い、今から言う住所にお米5キロほど送ってくんね?」

うちの田舎は米屋である。

「お気を使わせてしまい、恐縮です。
お礼を言っては何ですが、うちの田舎は
うんぬんかんぬん・・・・・・お米のお礼は
ご遠慮させて頂きますね!
ループしてしまいますから(笑)」

お互いの評価も終わり、
パパとの取引は終了した。

金のかかる取引ではあったが、心が満たされた。

後日、俺は別の出品で郵便局にでかけた。

「送料610円です」

大量に切手を持っている俺は
610円の切手を局員に差し出した。

その瞬間思い出す。
先日電話機を発送した時に、
同じ行動を取った事を。
なにがゆうパックのシール、10枚たまっただよ。
思いっきり電話機の入った箱に
切手貼られてるじゃないか。
プロレス好きなパパも、
きっと俺の嘘を見抜いていたに違いない。
俺は恥ずかしさのあまり、パパをBLに入れるかどうか
今でも悩んでいる。 

ちなみにBL=ブラックリスト。
(これに入れられると以降その出品者のオークションには
参加できない)

スポンサーリンク