「お母さんの作ったラーメンがいい!それ以外のごはんはいやだぁ~!

うちの子どもたちも嫁の、
つまりお母さんのごはん大好きっ子だ。

以前、外出先で帰りが遅くなって、
近くにラーメン屋があったから夕飯ここで食べて帰ろうと
俺が提案したことがあったんだ。
子どもたちラーメン好きだし。

普段ラーメン屋なんて行ってないだろうから
さぞかし大喜びするかと思いきや、
子どもたち大反対。

「ラーメンならお母さんの作るラーメンがいい!それが一番おいしいの!」

って。

スポンサーリンク

みんな疲れてたし、
せっかくお父さんがごちそうしてやるって言ってるのに!
って俺もちょっと
ヒートアップしちゃって、

「何だその言い方は!今日はここのラーメンが夕飯!
お母さんも疲れてるんだから」

と強めに言い張ったんだけど、
子どもたち、泣いて外食のラーメンを拒否。

「お母さんの作ったラーメンがいい!それ以外のごはんはいやだぁ~!
お母さんのごはんが一番おいしいのぉ~!!」

スポンサーリンク

って完全拒否。

結局、嫁も一日外出して疲れていたのに
帰宅してラーメン作ってくれて。
多分普通のラーメンだったと思うんだけど
(上に野菜炒めみたいのは乗って
いたかも?でもその程度)
子どもたちは満面の笑みで
「おいしいおいしい、ラーメンと言えばお母さんのラーメンだよね!」

って。
超ご機嫌。

嫁にきいたら、子どもが食べるラーメンだから
スープに何か入れて味を薄くしてる?だったか
だしを入れるだったか、
あと確か野菜は入れるとか何とか他にもなんかいろいろ
子どもたちのことを気にしたラーメンになっているらしい。
それが子どもたちにとってはおいしいのかな。
(大人の俺が食べても普通においしかった)

俺もウマメシ嫁もらって毎日幸せだけどさ。
子どもであるあいつらも幸せだよな、
こんなにお母さんのごはんがおいしく思えるってさ。
めちゃくちゃ愛情もらってるよなって思った。

スポンサーリンク