高3の頃、自転車がパンクしたので夜道を歩いていたらおじさんに「どうしたの?こんな時間に!あぶないよ?」

私が高3の頃の話です。
私は家~学校まで13キロほどを自転車通学してました。

通学途中のスーパーでバイトをして
夜8時くらいに自転車で帰っていると突然タイヤがパンクして
乗れなくなり手で自転車を押して帰ることにしました。 
携帯で親に電話しても出なくて必死に
残り10キロを歩くことにしました。 
 
途中、車通りも少ないところで
3人組のチャラってる男の人らにナンパをされ
シカトして歩きました。 

10分ほど付き纏われ気の強い自分も多少恐くなってきました。 

スポンサーリンク

また戻って来たらどうしよう…。 
とか、不安で泣きそうでした

 

人気のない道を歩いている時
もう9時半になっていて周りは家もなくたんぼだけ…。
恐くて泣きそうになっているとまたスーッと
セダンの車が横に着け

「どうしたの?こんな時間に!あぶないよ?」

と言ってきました。
いかにも援助とかしてそーなおじさん。

「送っていくから乗りなさい!」

としつこい。
私はシカトするのも恐くなり

「すぐそこなんで…」

「どこ?近くでも危ないから乗りなさい!」

と乗れ乗れとしつこい。

スポンサーリンク
 
「いいです!!」
 
とキレ気味で言うと急スピードで去っていきました。
なんで急スピードなんだよヽ(`Д´
 
と思っていると5分くらいして
また同じセダンの車がスーッと横に付けました。 
 
「終わったorz」
 
と正直思いました。 
でも、その車からはおばさんの声がしました。 
 
「どうしたの?パンク?送るから乗っていいよ?」
 
と言われキョトーンとしていると
 
「さっき、私の主人に声かけられたでしょ?
あなたが警戒してたみたいだから
私に危ないから行ってこいってしつこいから来たのよ?」 
 
って言われて、声にならないほど
胸と鼻辺りがズキューンとして泣きそうになった…。
 
「危ないおじさんに付いて行っちゃダメよ!」
 
と笑いながら話してくれたおばさん。 
てか、夜道に不安ピークで自意識過剰になった自分にも
ムカついたけど…。 
 
その後両親とご挨拶に行き、
毎年年賀状を書いています。 
 
くだらない話の上携帯からで駄文長文すいませんでした
 

読み返したけど本当に日本語が変ですいません。

スポンサーリンク