電力会社のオレが電気代を払わない客の電気を止めた結果「熱帯魚がしんだ!訴える!」と言われたのでww

再三に渡って督促した
ある電気料金滞納者の家の電力を止めた翌日の話。
たまたま事務所に居たら
その家の奴が血相変えて飛び込んで来た。
どうやら電機止めた事に因って、
飼ってた熱帯魚が全滅したから弁償しろとの事。

余りの血相振りに事務の女の子では手に余ると
警察に通報しようかと思ったが
俺もその時は割と暇だったので
担当外ではあるが代わって対応した。

スポンサーリンク

そいつの主張

・近日中に払う予定だった
→初回の督促から2ヶ月以上経っている
 お前の近日中何て信用ならんし、
 そもそも期限は最後の督促で通告済み。

スポンサーリンク

・止めた当日は自宅にいたからインターフォン位鳴らせ
→社の規定で必ず最後に鳴らす事になっていて鳴らした
 (因みに当日訪問したのも止めたのも俺w
  てか在宅中なら止まった瞬間に分るだろw)

・熱帯魚弁償しろ
→致しかねます
 (てか熱帯魚飼う金あったらさっさと払えよw)

・訴えるぞ!
→訴状が届き次第然るべく対応致しますのでどうぞご安心を。

ってな感じで事務的に対応していたんだが、
最後は捨て台詞と共に椅子を蹴り倒して出て行った。

カウンター向こうの椅子を戻そうとした時に
何気に外を見ると、
丁度違法駐車の切符を切られた直後だったらしく
今度は警察官に食って掛かってたw
そう言えば当日も見た様な気がする
ボロボロの黒いライフだったw

まぁ適度な暇潰しにはなったかなw

スポンサーリンク