姑に母の形見の着物を汚された。姑は階段から落ちて・・・

結婚してから夫の家族と同居したけど
姑と出戻りの義理妹に嫁いびりされた。
私の両親は私が結婚する2年前に事故で亡くなったので
「味方してくれる人もういないね」
とばかりに両親の残した遺産は
夫の家のために使えと強要されたり
(分割して通帳に入れてあったので少ない額の通帳だけ
見せたら取り上げられ、なんだこれっぽっちか
貧乏人の娘と罵られた)

スポンサーリンク

母の形見の着物は汚されたり
(タンスに入れて置いたらジュースかけられてた)
指輪もいつのまにか売り払われてた(失くしたと探してたら
義理妹に「○○円の価値しか無かった安物じゃん」
とニヤニヤしてたから売り払われたみたい)

夫は最初はかばってくれてたけどめんどくさくなったのか
「母さんも妹も悪気はない」→「お前が心を開けばかわいがってもらえる」
→「悪口は気のせいただの家族間の軽口 お前が彼らを嫌ってるから悪く受け取ってるだけ」
→「お前さえ我慢すれば済む話」→「お前がこの家の雰囲気を悪くしてるだけ」・・・に変わった。
舅は息子の嫁は家政婦くらいにしか思ってなくて、一連の出来事は知ってるけどスルー。
一度だけ「飯食わせてもらってるんだから我慢は必要だ」
とだけ吐き捨てたことあり。

スポンサーリンク

唯一無事だった形見の着物を持ち出されて、
パッチワークのように細かく切って
鍋敷きにされたことで、もう限界離婚だ、
行く所ないけどもう出よう・・・と思った矢先

姑が出先で階段から落ちて打ち所が悪くて亡くなった。
葬式やら何やらで離婚を言い出せないままお骨を収める前日
裏山にぶらぶらと散歩に行ったらネコかイタチかわからないけど骨を見つけた。
それを持ち帰り姑の骨壺の骨を生ごみの袋に入れて
翌日燃えるゴミに出した。
(義理妹は台所もゴミ捨ても奴隷の仕事と言って
家事一切しないので気づかれる心配ゼロ)
骨壺には拾った動物の骨を入れて元通りに布の袋に戻した。

今、婚家の墓には姑のお骨は無いけど
彼らは知らずにお墓参りしてる。

この家の誰よりも長生きして同じことを
全員にするために離婚せずにいる。
子どもが生まれてから、姑がいない分
義理妹の立場も弱くなったけど
再婚話は手を回して潰したりして
絶対家から出さないよう画策してる。

年内には舅が末期ガンで亡くなるはず。

スポンサーリンク