バイト先でお客さんのおっさんが連絡先を渡してきた。→寄生虫博物館に 行くことになった

大学生のとき、同じ大学で同い年の初彼氏ができた。
(新入生イベントで知り合ったけど学部が違うので
キャンパスは全く別の場所)
でもお金にだらしないところやマザコン気味なところ、
私をママ扱いして当たり前のように
タオパンパを要求してくるところなどに冷めて
別れ話をした。

その途端、私ちゃんは僕と結婚するんだ!
別れるなんて有り得ない!
と泣き喚かれ発狂され話し合いは決裂した。

スポンサーリンク

着信が100件超えた
泣き言や説得や怨嗟のメールが昼夜問わず届いた。
メールにやたらと純な君がウンタラとか純真とか清純とか
書いてあるから純がゲシュタルト崩壊した。
どうしたら別れてくれるんだろう…と涙が出た。

私の周りの子達は茶髪で化粧も派手で
陽気な子が多かったのだけど、
私は黒髪で化粧も地味で比較的大人しかった。
それが類稀なる純な子に見えたらしくて
一目惚れされたのが最初だった。

髪を染めてないのは、高校時代に
学祭で茶髪にしてみたところ(ヘアマニキュア)、
似合ってない、黒髪が一番似合うと
長年片想いしてた人に言われたからww
化粧が地味なのは目がでかくてまつげが無駄に長いため、
ちょっとでも盛ると凄まじい眼力になってしまうから。
彼氏と付き合ったきっかけも、
↑のずっと片想いしていた人に高校卒業式で告白して玉砕し、
憔悴状態だったときにたまたま告白してきたからOKしただけ。

大人しかったのはただ単に落ち込んでたからww
純純うるさいメールに恐怖すら感じながら読んで、
この人、私に純ファンタジー抱きすぎだろと思うと同時に、
じゃあ彼の言うところの純じゃなくなれば
別れてくれるのでは?とふと思った。

話は変わるけれども、
私はその頃居酒屋でアルバイトしていた。
そこで東京03の角田さん似のサラリーマン、
Aさんからお名刺を頂いたばかりだった。
その経緯も、周りのご友人さん達が

「ねぇねぇ!おねえさぁ~ん↑こいつ、
おねえさんのこと可愛いって言ってるんっすよぉぉ!
おい、A!お前、番号渡せよww」

Aさん「え゛っ!?いやっ、え゛っ…。あっ…あっ…あのっ…これ…あの…
(名刺に電話番号を書く)…あの…自分、Aといいます…」

私「あ…どうも…」

スポンサーリンク

友人達大笑い、Aさん顔真っ赤、みたいな感じ。
貰ったときは全く連絡するつもりなかったけど、
早々に他の人、しかも同じくらいの年代じゃなく
明らかなおっさんに乗り換えたと知ったら、
きっと純な私に幻想を抱いてる彼氏は勝手に
幻滅してくれるんでは?と思った。

だからAさんと一度お食事でもして、
ツーショット写真をゲットしてそれを
彼氏に送りつけてやろうと思ったんだよね。
(もちろんAさんと付き合う気は全くない)

ということでAさんにお久しぶりです。
お元気ですか?と電話したら激しくキョドられたけど、
とりあえずSMSでメルアド送るので
お話しましょうみたいな流れになった。

私はAさんを30代だと思ってたんだけ
どぎりぎり20代で、医療系の研究職。
メールだとわりかし普通に会話できたので、
当たり障りのない話をした末にお休みの日
に出掛けましょうと私が誘って、
Aさんのおすすめの場所に行きたいですと
言ってみたところ、何故か寄生虫博物館に
行くことになった。

Aさんは男子高→理系大→男ばかりの会社に就職だそうで、
女性と2人で出掛けるのは私が初めてだそう。
お出掛け内容は端折るけど、
Aさんは最後に寄生虫入りのキーホルダーを
プレゼントしてくれた。
もし良ければまた一緒にどこかに行きませんかと
耳を赤くしながら誘ってくれた。

私は、はい、また行きましょう、と答えた。
理由は寄生虫を見て回ってるときに
聞かされたうんちくがめちゃくちゃ面白かったからww
それから彼氏のメルアドは迷惑メールリストに入れて
電話も着拒した。(ツーショットは送るの完全に忘れてた)

元からそうすれば良かっただろって話なんだけど、
当初はちゃんと別れなきゃだめだと思い込んでいた。

でもなんかどーでもよくなったww
学内で会うことないしね。

その後もAさんとは2週間に一度のペースで色んなところ
(科学系の展示館、古城、山奥で珍しい野草探し、
ダイビングしてお魚観察など)に出掛けた。
紆余曲折あった末、知り合って5年目に結婚した。

ということで、私が最初に夫に連絡をしたのは、
照れてどぎまぎしてる様が何となく気になったから、
ではなく、元彼を幻滅させるエア新彼氏として
手頃なおっさんだったから。

これは絶対に誰にも言えないから墓場まで持っていく

スポンサーリンク