フーゾク勤務の私が有名大卒・大手商社マンに「妊娠した」と言ったら話がポンポンと進んだ

高校卒業後、母親から早く逃れたくて勝手に上京。
テンプレだけどフーゾクで暮らしていた。
色んな男性の相手したけど、そのうちの1人が今の旦那。
旦那はうちの店の常連さん。
同僚から「あの人、大手商社に勤めているんだって」と聞いていた。
あるとき、旦那が私を指名してお呼び出し。
正直今の暮らしに嫌になっていたから玉の輿狙えるかな〜と思って連絡先交換。

スポンサーリンク

当然だけど、高卒フーゾク女の私は、
有名大卒・大手商社マンにはまるで相手にされず。
でもその後何回も指名してくれて、
お店では禁止されていたけど中だしもOKした。
それが何か悔しくて(中高時代は結構モテていた)、「妊娠した」と嘘をついた。
そしたらもう何か話がポンポンと進んで、あるとき、
旦那の母を名乗る女性からうちの携帯電話に電話が来て、
「うちの息子が本当に申し訳ないことをしました…」とワンワン泣いて謝罪。
旦那も「責任はとる」と言って、あれよあれよと言う間に結婚話が進んだ。

スポンサーリンク

「結婚したらいつか本当に妊娠するだろうし大丈夫か」と思ってたけど、
旦那が折りの悪い事に海外勤務に。
マンションに一人で専業主婦していたんだけど、ホント悩みまくった。
本当に妊娠しようと、またお店に勤めようかと思ったけど、
出産時期ずれるだろうし諦めて、流産したということにした。

そしたら、「お前が海外にいるから流産するんだ、
国内に戻ってこい」と向こうの両親が騒いで、
旦那は会社に異動願出して、国内勤務に戻り、しかも降格。
総合職で若いうちの海外勤務はエリートコースだったらしいんだけど、
コースを一気に脱落して給料も激減。
とはいっても人並み以上に暮らせるし、なんとか子供2人に恵まれた。

今、文科省のエリート官僚の天下りニュースが話題になってるけど、
あのニュース見ながら旦那が「俺もナントカ省(名前忘れた…)に受かってたんだけど蹴ったわ。
行けば海外勤務なくてエリートコースだったんだけどな」って言ってて、
人生壊してごめんなさいって毎日思ってる…。

スポンサーリンク