社内で付き合っていた子「あなたの子を妊娠した」俺「子供を作る事は無理と診断されてるんだが・・」

家系的な事と子供のころの病気その他諸々で
若い頃、自分のセー子を調べた事がありました。
んで結果は・・・・・ほとんど無セー子状態で
子供を作る事は無理なのが判明。
一時ちょっとばかり鬱になったけど
その後は割り切って生きてました。
それから何年も経ち就職して中年に入りかけたある時。

スポンサーリンク

当時会社内で付き合っていた子が
いきなり「あなたの子を妊娠した」と告白。
彼女とは恋人というほど深い関係ではなかったが
彼女の仕事のミスを何度か
フォローした事があって、一緒に食事した後
何回か行為したことはあった。

ふーん・・・・と思ってでも
一応再度検査してみましたよ、セー子の状態。
結果は以前と同じ無セー子に
近い状態(しかもセー子が泳いでないw)

これはどういう事なのか、
すぐさま彼女に問いただそうと思いましたが
そこでちょっとばかり意地悪な事を
思いついたので、それは後日にしよう
と思い、再度彼女と話し合う事にしました。

彼女「前からあなたの事が
本当に好きだったの、あなたの子供を産みたいの」
俺 「そうだね、おれの子供だった責任を
取らなければいけないね、近いうちに
   貴女のご両親に挨拶に行かないとね」
彼女「本当?嬉しい!」

帰宅してから両親に事の顛末を説明。
父親にいろいろ質問して
医学的な見地から回答を得た。
(父親は医者です)

んでそれから約一月後。

彼女の家に両親と3人で訪問、
なぜか私と両親の目には静かな怒りの炎がw

彼女の父親が怒りまくって喚き散らしてます。
『娘を傷物にしやがって』『挨拶に来るのが遅い』云々

おれと両親は冷静な顔で黙って聞いています。
彼女の父親だけでなく母親も
こちらの態度に苛立って怒りだしました。
それを見計らって。

俺の父親が診断書をおもむろに鞄から出して
彼女の父親の前に置き医学的な説明を
始めました。皮肉たっぷりの顔でね。
(要するにこのセー子の内容で
妊娠するとしたら医学的に見て奇跡だ、ぜひ詳しい
診断をしてみたいですねという内容)

それからちょっとばかり時間をかけて、
彼女の父親に医学的に俺のセー子がどういう
内容なのかをきちんと詳しく話しました。

スポンサーリンク

きちんとした説明を続けて行く内に
どう云う訳だか彼女の顔が引きつり始め、彼女の
父親の額にも先ほどとは違った種類の
怒りの筋が差してきた様子ですw

俺の父親の説明が終わると
彼女の父親のこちらに対する態度は
なぜか一変してましたw

俺の父親『(皮肉たっぷりな
にこやかな表情で)何かご質問はございますか?』
彼女の父親『いえ・・・その・・・なんと言うか、
娘に色々聞いてみたい事がありますので
 今日は一度お引き取りいただけますでしょうか。
次回は私どもがそちらに
 お伺いさせていただきます』

んで我々は彼女の家を辞した訳なんですが、
なぜか家を出たすぐ後に彼女の父親のすごい
怒鳴り声と何かが壊れる音と彼女の鳴き声がしてました。

どうしたんでしょうね〜?

そんなこんなで彼女の家を辞してから数日後、
彼女のご両親が私の両親に会いに来ました。
なんでも今回の事は彼女の想像妊娠だったとの事で、
前回訪問時に私の両親に対して様々失礼な
事を言った事を詫びてお帰りになったそうです。
会社で会った彼女はなぜか顔に痣を作っており、
その後すぐに会社を辞めてしまったのでその後
彼女には全く逢っておりません。

このようにとても不可解な出来事でした。
いったいあれは何だったんでしょうねw

と言う訳で、馬鹿な男なら簡単に騙せると思っていた彼女。

残念でしたね〜。

妊娠6か月ぐらいになってから
暴露すべきだったかもしれなかったと
今になってから反省している私です。

想像妊娠だって彼女の父親は言ってたけど、
彼女の同僚の女の子が後日教えてくれたけど
彼女、本当に妊娠していたってよ。
その事実を基に組み立てていくと、結論は簡単に出るよねw

小金を持っていて実家も金持ちそうだから
騙して旨い汁を吸おうとでも思っていたんだろうけど。

いや〜、今思い出しても笑えるよ、
事実を暴露された瞬間の彼女のご両親の顔。

外面だけで男を判断して
簡単に騙せると思うとはね、馬鹿な女だったw

自分自身でも理解してるよ、
俺は外面はいいが性格は最悪にねじ曲がっている。
外面がよくて職場では親切だからきっと誤解される
性格なんだと思う。

そんな基本的な事も読めずに
おれを騙そうとしたバカ女が哀れなだけですよw

でもまぁ、彼女には幸せになってほしいな。
あの後、他の男を騙して結婚でもしているんだろうかw

ちょっと興味あるな。

スポンサーリンク