友人旦那「女は男に尽くすべき、家事は女がやるのが当たり前」私旦那「そんな前時代的な人間、是非一度見てみたい」

友人が結婚したのだが旦那が超モラハラ男だった。
ボウリョクはなかったけど、女は男に尽くすべき、
家事は女がやるのが当たり前という信念のもとに、
友人のやることなすこと文句をつけ、
外でも「うちの嫁は本当にダメな女で〜」
みたいなことを言いふらす。

明るかった友人は結婚してから
あまり笑わなくなり、ガリガリに痩せた。

大事な友人が苦しんでいるのを見るのは辛くて、
夫に相談した。
すると夫は「そんな全時代的な人間がまだ日本に
生息してるのなら是非一度見てみたい」
と言い出したので、私夫婦、友人夫婦で食事に行く事になった。

初対面の夫の前にもかかわらず
友人の旦那(便宜上A男とします)は友人の作る食事が
まずいだの掃除ができないだの言いたい放題で、
私はただただ愛想笑い、友人はうつむいて黙ってる。

女性陣の反応が薄いのが気に入らなかったのか、
しばらくするとA男は夫に絡み始めた。

A「うちの嫁は洗濯も満足にできなくてさ〜」
夫「じゃあ自分でやればいいじゃないんですか?」

夫の言葉に一瞬固まるA男。
ここから夫のターン。

夫「ていうか、自分が履いて汚した下/着や靴下を
誰かに洗ってもらうって何か嫌じゃないですか?俺は嫌だなぁ」

夫「さっき女は男に尽くすべきって言ってたけど、
それって母親が子供の世話をするのと何が違うんですか?」

スポンサーリンク

夫「『ママが全部やってくれるのが当たり前なのぉ〜』
ってのが男としてかっこいいってことですか?」

夫「社訓が『女は男に尽くすべき』だったら企業としては
ブラックだと思うんですけど、家庭だと大丈夫な理由って
何かあるんですか?」

矢継ぎ早に質問されてA男はあわあわ。
夫は普段無口で無表情だが、ものを言うときは
はっきりずけずけ言うのでコワモテとは違う威圧感がある。
第一印象は小柄で物静かな夫にマウンティングをかませると思っていたであろうA男にとっては
意外なカウンターだったかも知れない。

A男は「男としては」とか
「家庭での役割が」とかごにょごにょ言ってたけど、
何か言うたびに夫に「じゃあそれはこういうこと?
それともこういう意味?」と終始質問攻めにされ、たじたじになっていた。
(『ママが全部〜』のくだりは地味にダメージを受けたのか、
そこの部分だけは必タヒに弁解していた)

帰り道、夫に「A男にすごい反論してたね」と言うと、
「反論じゃない、単純に疑問に感じたことをそのまま聞いただけ」
「俺は一人暮らしが長かったので、
自分のことを自分でやらない人間の考え方に興味があった」
「ああまで視野が偏った人間を初めて見た。今日は貴重な体験ができた」
てな感じの答えが返ってきた。

最近友人の離婚が成立し自由の身になったので記念カキコ。

スポンサーリンク