毎晩のようにうちの前に泊まりで路駐するDQNに雪国独特の仕返しをした

12月中旬くらいから、
毎晩のようにうちの前に泊まりで路駐するバカがいる。
おかげで、深夜に除雪車が来ても
うちの前だけ除雪が中途半端になってしまい
結局自力で排雪するしかない。

スポンサーリンク

てなことで、昨日の夜に処刑執行。

いつものように、エアロでキめたストリーム
が家の前に車を停めて、彼女連れて
向かいのアパートへ入っていった。

気温は氷点下6度…….
珍しく快晴で風も穏やかで星が見えている。

午後11時:気温氷点下 7度 第一次攻撃
→バケツ3杯の水をルーフからキャビン全体にゆっくり流す。

午前 0時:気温氷点下 8度 第二次攻撃
→くみ置きして氷の張ったバケツから
ピッチャーを使ってドア周りに流す。

スポンサーリンク

午前 1時:気温氷点下10度 第三次攻撃
→同上のものをハッチバック付近を中心ゆっくりに流す。

午前 2時:気温氷点下12度 第四次攻撃
→同上のモノをルーフから全体にゆっくり流す。

水を流す端からどんどん水が氷って行くのを見ると、
美しい化学現象を見ているようで面白かった。
そして、遠目にも完全に氷漬けになった車ができあがった。

今朝、俺が出勤するときには、
そいつらが必死にアパートから
「お湯をくんで来てはかける」
を繰り返していたが一向にドアは開きそうもない。

奴らは「遅刻する~」とか言いながら
必死に「お湯をくんではかけ」を繰り返していた。
朝7時の気温は氷点下9度に満たない。

これだけ気温が低いと、
お湯をかけてもかける端から
氷ってゆくので簡単にはドアは開いてくれない。

今朝はとてもすがすがしい朝だった。

スポンサーリンク