義両親「私達がいなくなったら コトメちゃんのことお願いね」  コトメ「結婚できなかったらよろしく」

義実家寄生コトメは旦那と年が
10離れてるんたけど、
念願の女の子らしくベタベタに甘やかされて
育ったらしい。
だからかなりのお姫様気質。
私に対しても言うこと聞いてくれて
当然という態度。
さらに仕事が全く長続きしない
最長3ヶ月。

本人曰わく

「なんか違うんだよね、
あたしに合う仕事が他にあるはず。」

だとさ。

スポンサーリンク

まぁ、ワガママはスルーすればよかったし
(不機嫌にはなられたけど)、
旦那への

「お小遣い頂戴(ハァト)

も旦那が断っていたし、
害はなかったんだけど、義両親から

「私達がいなくなったら
コトメちゃんのことお願いね」

コトメからも

「結婚できなかったら
お兄ちゃんよろしく(ハァト)」

って言われていて、それも旦那が

「いい大人の世話なんかするわけない」

って義両親とコトメ本人にも
言ってくれていたけど、
ちょっと不安ではいた。
ある時、私と旦那で義実家に行った時に
たまたま友人から趣味のお誘いが。

旦那に行っていいか確認したら
コトメがその趣味に興味を持ったらしく

「あたしも行きたい!」

と。
いやいや、私の大学時代の友人達だし、
あなた部外者じゃない。と断っても

「すごく行きたい!お願い!」

と頼まれ倒されてしまって、
友人達に確認してコトメ同行を許可してしまった。
そして当日、友人の1人にコトメが一目惚れした。
コトメは恋をすると猪突猛進するタイプで
当日にメアド交換して、
その後もグイグイ押し切って交際にまでこぎつけた。
当時の私達の年齢は40ぐらい。
コトメ彼氏がかなり結婚を
意識していたみたいで、
とんとん拍子に結婚話まで出てきた。

そしたら義両親大反対。
理由はコトメ彼氏が農家跡取り長男だから。
そんな中、私はコトメに

「がんばって!私は応援しているから!」

って煽ってた。
性格悪いけど、早く片付いてくれって

スポンサーリンク
思ってたんだよね。
 
私の応援が効いたのかわからないけど、
少しも折れないコトメに義両親が折れた。
 
その後コトメは結婚して、
コトメ夫実家に同居で家業(農業)の
手伝いをする事になった。
 
寄生先が出来てホッとしたが、
正直いつか出戻ってくるのかなぁ、
と不安だった。
 
それから5年、コトメは毎日
生き生きと土と作物と戯れているそう。
大特免許も取ったらしい。
(1回農業体験させて貰ったけど、
コトメ輝いてた。あんな表情義実家で
見たことないくらいキラキラしてた)
 
コトメ旦那はもちろん、
コトメ義両親も、やっと来てくれた嫁が
農業大好き嫁だったからか、
よけいに可愛くて可愛くてしかたがないらしく、
実家にいたとき同様にお姫様のように
扱っているらしい。
 
農閑期には義実家(コトメ実家)に
1週間程度の予定で帰省して来るのだが、
3日くらいで
 
「つまんないから帰る。」
 
と帰ってしまうので、
義両親は少し寂しそう。
この間のコトメ帰省時にコトメから
 
「あのとき夫と出会えたのも、
反対されても諦めず結婚して天職を
見つけられたのも嫁ちゃんのお陰。
ありがとう!」
 
と言われた。
下心しかない励ましだっただけに

心が痛んだ。 

スポンサーリンク