俺「重そうだし、持ってあげるわ」嫁「…すみません、おじさんありがとう!」10年後

俺「重そうだし、持ってあげるわ」
嫁「いえ、大丈夫です!ありがとうございます!」

俺「ふらついてるやろ、良いから貸して」
嫁「え、でも…(困)」 

俺「○○中学は通り道やから」
嫁「…すみません、おじさんありがとう!」

俺「 !? 」 

うろおぼえだがこんな会話だったらしい。
当時、俺23歳180cm、嫁12歳148cm。
嫁曰く、

「スーツ来てガタイ良かったら誰でもおじさんに見えた」

スポンサーリンク

俺は当時社会人1年目リーマン、
嫁は私立中1年。
通勤電車が同じだった。

嫁は小さいくせにバスケ部に入ったらしく、
時々何個もボールが入ってるデカいバッグをかかえて
ヨタヨタしながら電車に乗っていた。
邪魔だなーとしか思ってなかったが、
電車の中でスラムダンクを熱心に読む嫁の姿を
微笑ましく思っていたことがある。 

降りる駅が同じだったのだが、
ある日あまりにも電車内が混雑していて、
降りた時の嫁が顔面蒼白なまま、
どでかいバッグを抱えていたから、
思わず声をかけて持ってあげた、
のが上のレスだ。 

この日以降、嫁は俺を見ると会釈するようになった。
でも別に仲が良くなったわけでも、
喋ったりするわけでもなく、
そのうち俺が社内で部署異動があり
その電車に乗らなくなってしまった。

実は、それから再会したのが10年後。
嫁が俺の会社に新社員として入社してきた。
もちろん、俺も嫁も全くそんなことなど忘れ、
会社の先輩後輩として出会った。 

スポンサーリンク

嫁は入社してきた時から
清楚系美人として社内で瞬く間に有名になり、
33歳にして独身だった俺は、
必死になって嫁と仲良くなった。
その辺りは普通だから省略する。 

その後、仲良くなるうちに
昔の話をするようになったが

嫁「中学はすぐ近くの○○中だったんですよ。
実はバスケ部でしたw」

俺「え!全然そう見えんわ。スラッとしてるけど」
嫁「入った時はすごく小さくて。
ボールバッグ担げなかったんです」

俺「そうか。そういえば俺昔そんなバスケ部の
女の子助けたことあったわ」
嫁「私も通りすがりのサラリーマンに
助けてもらったことありますよw
学校の前まで持ってもらったんです」

俺「………ん?」
嫁「あっ( ゚Д゚ )」

俺と嫁、ここでようやく10年前の相手だと気づく。
俺は勘弁してくれ、嫁は激変してたんだw

色黒ショートカットのチビだった子が、
15センチ伸びてモデル体型で
えびちゃんみたいになってたらわかんねぇ。 

嫁は俺のことを「ガチムチのおにいさん」
と認識していたようで、
10年経って20kg痩せた俺のことを
同一人物とはまるで考えなかったそうだ。 

ここで一気に距離が縮まって交際に発展、
結婚したわけだ。
えびちゃんに変身した嫁だが、
今でもバスケ熱は下がってなく、
よくシャドウシュートをやったり、
出先でスポーツショップを見つけると目が輝く。

近いうちに、小さめの体育館を借りて
バスケをするんだそうだ。
ちなみに俺はバスケは全くできない。

 
 

事実は小説より奇なりだな

スポンサーリンク