私の怪我に責任を感じて本当は一緒にいたいわけじゃないんじゃないかって思う時が昔からある

746: 名無しさん@お腹いっぱい。 2014/09/04(木) 07:55:34.83 .net

昨日で結婚1年。

初めてここに報告できる。
言えた!
好きは何度も言ってたけど、
愛してるって思った以上にハードル高かった。

スペックは一応書いたほうが
いいかと思ったんで、軽く。

嫁:中学からの後輩 23歳会社員
私:25歳会社員(嫁とは違う会社)
事故により左足に障害、右足の指が曲がってる。
杖を使えばさほど問題ないレベル。

嫁は私の左足の
原因(嫁に自転車でぶつけらて転落)になっていて、
ずっとその責任を感じていたように思える。
そのせいか、責任や義務感で私
と恋人になったんじゃないだろうかと、
勘ぐってしまう。

スポンサーリンク

そしてそれを確認したら
嫁がどこか行ってしまうのではないかと、
聞けないまま結婚までしてしまった。
自分に自信がないのが原因だが、
ぎくしゃくしたこの関係を
打破して心から嫁と楽しい家庭を作りたかった。
だから、まずは嫁に正直に話をしようと思って、
昨日は結婚記念日だし許されるだろうと、
平日休みと有給を使って昨日今日の二連休。

休みを取った私が朝早くから何故か
険しい顔で朝食を作っていた時点で、
嫁は何か察したらしい

私「今日で結婚して一年だ。
まだこれからも長い人生、よろしくお願いします」
嫁「表情が言葉と真逆で怖いですよ?なにかありました?」
私「ずっと、そりゃもう付き合い始めた頃から
感じていたことなんだけど、今まで聞けなかったことがあるんだ」
嫁「それは重要な話ですよね?」
私「あ、うん」
嫁「コーヒー淹れてからでも大丈夫?
大事な話なら落ち着いて聞きたいから…」
私「あ、はい」

出鼻を挫かれたwww
コーヒー淹れている間、
ソファで嫁がずっと私の手を握っていて、
只ならぬ雰囲気を醸し出していた

んで、コーヒーを飲みながら
付き合い始めた頃から思っていた、
前述の不安をぶつけた。

「私の足は○○(以下:嫁子)との事故が原因だけど、
やっぱり責任って感じているのかな?」
と聞いた瞬間、俯いてしまった。
少し待ったんだが、俯いたままだったので、
続けさせてもらう。

「正直、嫁子は私の怪我に責任を感じて、
私のそばにいるだけで、
本当は私と一緒にいたいわけじゃないんじゃないかって
思う時が昔からある。
でも聞いて、その通りだとしたら、
私が嫁子の人生を奪ってしまったことになる、
そう思って聞けなかった」
「私は、嫁子は私を好きでいてくれていると思ってる。
でも、やっぱり不安になるときがある。
今日、結婚一年目っていう節目だったからはっきりさせたかったんだ」

コーヒー飲んでるのに口の中カラッカラでしたw

無言の空気に耐えられなくて、
お腹が痛くなってきてトイレに逃げようか考え出した頃、

嫁が「足の障害を負わせたことは
本当に申し訳ないと思ってるし、後悔もしてます。
けど、私はだからって人生を捧げようとは思いませんよ」
と言い出した。

そして、数秒後に激昂した。
嫁「責任ということであれば、
治療費と慰謝料で済むし、結婚なんかしないです。
でなきゃ事故の加害者はみんな
結婚しなきゃならないじゃないですか!
私は貴方が好きだから一緒にいるんです!
あー、もう!何年そんなことで悩んでるんですか!聞いてよ!
聞けば済むじゃないですか!」

私「いや、その、もしって思ったら怖くてね?」
嫁「じゃあ、昔デートしてる時も
悩んでたってことですか!?デート中ぼーっとしてた時は
そんなこと考えてたんですか!?」
私「あ、いやデート中は考えないように(ry」
嫁「考えないようにってことは考えてるじゃん!
大体、私がそこでそうです、
本当は好きじゃありませんって言ったら
どうするつもりだったんですか?!」

これ言われてから、
その想定を一切していなかった事に気づきましたorz

嫁「考えてなかったってことは、
私を信じてくれていたという好意的な解釈をしてあげます。
いい?私は貴方を愛しているから一緒にいます。
足のことは確かに今でも本当に申し訳ないと思います。」
私「あ、言われた」
嫁「何をですか」

スポンサーリンク

私「いや、今まで好きって何回も
言ったし言われたけど、愛してると
言ったことってなかったなって思ったのよ。
だから今日はもともと嫁子に愛してるって
言葉で伝えようと思ってたんだ。
だから先に言われてしまったなぁと…。
そんなわけで、一年目の結婚記念日としては
申し訳ない始まり方だったけど、
今後もよろしくお願いします。
昔から好かれてるか不安だったとか言ってるけど、
本当に愛しています。
もっと愛してもらえる様にもっと愛します。
だから嫁子も私を愛してくれると嬉しい」

っとまぁ、そのあとも色々話してたけど、
愛してるといったとこまではこんな感じでした。

嫁は最初、離婚話!?
それとも借金!?リストラ!?
とテンパってたら全然違う話で、
しかも下手すると過去を
否定される話だったので、激昂したようでした。
そして最後の言葉は途中から録音されました(笑
離婚話だったら録音しようと準備してた模様。

とりあえず、昨日はその後家で
ずっと学生時代の思い出話で一日過ごしました。
ぐっだぐだで、最初に言えなかったし、
読み返すと本当に話し方下手だなと思ってしまうが、
ご勘弁を。

やりとりは私の録音からなので、
言葉に詰まっている部分をカットした以外はそのままです。

今日はこれからデートしてきます!

45: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/15(水) 17:54:49.00 ID:LQTNm8BHa

数年前に書き込んだ者で、本物かどうかとか
証明はできませんが、宜しいでしょうか?

覚えている方がいるかはわかりませんが、
以前使っていたPCを整理していたところ、
件の書き込みのメモが残っていまして、
それを読んで懐かしくなり
久々にまた言ってみたので報告に来ました。

嫁:中学の後輩 27歳会社員
私:29歳会社員(嫁とは違う会社) 左足に障害、
右足の指が変形している。杖があれば特に困らない

嫁とPCの整理していたら以前の
書き込みのメモが出て来ました。
二人で懐かしいなと話していたところ、
嫁からあれ以来言ってくれてないよね?
と言われてまた言ってみる運びに。

私「あれから数年経ってるけど、
確かに言葉には全くしてなかったな。
愛して貰えるよう頑張るって言ったのにこれじゃダメだね。
まだまだ努力は足りていないだろうけど、ずっと愛しています。
改めてこれからも長い人生、宜しくお願いします」

嫁「こちらこそ、長い人生宜しくお願いしますね。
貴方の脚に障害を負わせてしまったこと、
申し訳なく思うんですが、同時にその怪我がなけれ
ば一緒になれなかったとも考えられて複雑です。
貴方からしたら加害者である私を許してくれ、
更には愛してくれていること、本当に感謝しています。
私も愛しています」

私「嫁のことを加害者と思っていたことなんて
事故直後しかないさ!」

嫁「この流れでその返しはちょっとどうかと思います、、、」

私「ごめんなさい」

私「それはさておき、障害は杖あれば問題ないし、
確かに怪我が原因でテニスやめたけど、
同時言ったと思うけど、
漫画の影響で始めてみただけだったし。
むしろ嫁と付き合うきっかけになったから有難いくらい。
それに障害者枠で私では難しかった企業に
就職していることもあって、障害を利用しているところもある」

嫁「でも脚が普通だったら
何が別の人生があったかも知れないですよね」

私「そうだね。もしかしたら
テニスの世界的なプレイヤーになったかもね!
でもそうじゃないかもしれない。
会社だってもっと小さい企業に就職していたかもしれない。
何より嫁と結婚してなかったかも。
それなら脚が普通じゃないだけで、嫁と結婚してるほうがいいよ」

嫁「ちょっと怒られそうだけど、
その怪我があるから恋人として、
夫婦としての絆が深くなってるのかもとは
思ってしまうことはありますけど、、、」

私「それでいいよ。
私は障害に感謝している節があるくらいなんだ。
嫁子には難しいかもしれないけど、
少なくとも私は障害によって得られた物の方が大きいし、大事」

嫁「貴方の人生を変えてしまったこと、本当にごめんなさい。
でも、何より一緒になってくれて本当にありがとうございます。
愛しています!」
私「私も愛しています!」

とまぁこんな感じで、
最後はちょっと愛していますって言い合いになりましたが、
無事に仲良く夏期休暇を終えられそうです。
そしてやっぱり録音されていました(笑)

最初の書き込みから数年経ってるけど
このスレを知ったお陰で私の不安は解消されたし、
嫁の気持ちを知って、私の気持ちも
多少ながら伝えられたと思います。

普段は障害の話題は嫁が避けてしまう節があるので、
ありがたい機会でした。

読み返すとギザというか綺麗事って感じで
恥ずかしいですが、録音を聞いて書いたのてほば事実です。

それではまた勇者になる機会があればご報告致します。

それでは失礼致します。

スポンサーリンク