唾かけられて、踏んづけられたのが今の嫁

当時利用していた通勤電車の帰宅途中で、
そこそこ混んでる車内の俺の目の前に
両手に荷物を持ったOL風の女性がにいて、
なんかもぞもぞしてたんだけど、
「は、ハクチンッ!」の声とともにくしゃみをして
俺の顔につばをかけたんだ。

そう、俺は背が低い。だから顔にかかった。
もちろん女性は気づいて、
「ごめんなさい!」とすぐ謝ってきたけど、
恥ずかしさで焦って俺に接近した時に
電車の揺れが重なり、更に俺の足を踏んづけたんだ。

スポンサーリンク

「っつ!」
「ああ、ごめんなさい!本当にごめんなさい!」
と更に動揺しながら、なんとかハンカチを取り出すと
俺の顔のつばを拭いてくれ
(この時、ハンカチからとても良い香りがした)
停車した駅で逃げるように降りていった。ハンカチを落として・・・

俺は、あっけにとられながら車内に残り、
(OLさんぽかったから、また電車で会えるかもな)
と思ってそのハンカチを持ち帰ったんだ。

でも、その後電車で見かけることもなく1ヶ月くらいたち、
あの時の事を意識しなくなった頃、
本当に偶然に最寄り駅近くの本屋で
その女性と出会ったんだ。
更に、会社帰りだったこともあり
偶然ハンカチが鞄に入れっぱなしだったので
(もちろん洗濯はしたよ)思い切って声をかけたんだ。

スポンサーリンク

「あの~以前電車でハンカチを~」
と緊張気味に言うと、女性も気づいたようで、
ふにゅ~という感じの困ったような恥ずかそうな表情で
「は、はい、あの時はすいませんでした・・・」
と電車の時みたいに謝ってきたんだけど、
その表情がなんとも可愛く感じて、
もう少し会話したいなという気持ちがたかぶってしまった。
そんで、ハンカチを返しがてら、ちょっと強引かもと思ったけど、
「少しだけお茶でも飲みませんか」
と誘ってみたら、
「少しなら」と言ってくれてお茶したのがスタート。
でも、話は全然弾まなくて、やっぱり仕方なく来た感じかな、と思い
こりゃ進展はないかと分かれようとすると、
「やっぱり、私なんかとお話しても楽しくないですよね・・」
とまた、ふにゅ~って表情をしたもんだから、
「そんなことないですよ!ほら、今回は初対面みたいなもんだし、
また、一緒にお話したいなあ、なんて、はは」
とまくし立てると
「ほんとですかぁ」
と今度は、ぱぁと明るい表情に変わった。
その表情も可愛くて、まあ、そうゆうことです。

なんか、彼女それまでもいろいろとドジが多くて、
自分に自信がないみたいで
いろいろ悩んでたそうだ。
でも、俺が積極的に誘って、いろいろ会話したり、いろんな所行ったりして
一緒の時間を共有するようになったら、徐々に、ふにゅ~ってなることが
減ってきて、ぱぁ~が多くなってきた。
そしたら、まさに懐いたって感じでじゃれてくるようになって、
結婚しました。

まあ、結婚した今でもドジは多くて、俺がふにゅ~ってなってます。

スポンサーリンク