学で出会った友達A。
大学ではよく一緒にいたけど、
バイトが忙しいと数える程度しか遊べなかった。

そんなAが20歳の時にあっけなく亡くなった。
母方親戚の結婚式のためにお母さんと弟と帰省中、
高速道路で事故に遭い彼女だけ亡くなったという。

スポンサーリンク

遺品整理で遺書が見つかったらしく、
私宛の手紙もあった。

彼女と一番の親友だったB宛の手紙には
衝撃的なことが書かれていたらしい。

「もし、叔母が私を道連れに
しんだ時は警察にこれを見せてください。」
Bは意味が分からなくて、教授やみんなに見せた。
そのなかにBの幼馴染もいて少しだけ分かったこと。

Aは幼稚園の頃から父方の叔母
(Aとは10歳しか変わらず。無職)と2人で
離れに暮らしていたらしい。

叔母は精神的な病気だと噂もあったらしい。
母屋?で両親と弟と祖父母が5人暮らし。

スポンサーリンク

いじめがあったのか、知らないが、
手紙はそういうことなのだろうと。
ちなみにバイトをしているのも嘘だった。

その後、Aの家族がどうなったか分からない。
ただ、察するにAは子供の頃から
おばさんの介護をさせられていたんだろう。

Aの人生は何だったんだろうと思う。

高速道路で事故は嘘じゃないです。
共通の友達からメールがきました。
報道もされたので調べたら当時のニュースも出て来ます。

彼女の使っていた教科書に
大量に遺書が挟んであったそうです。
封がしたまま、渡されたのでお母さんは
内容を知らないと思います。

彼女は叔母にころされる予感がしてたけど、
その前に不幸にも事故で亡くなってしまった
ということです。

生きていたら叔母さんに
ころされてたのかもしれません。
ただ、事実は分からずじまいです。

スポンサーリンク