いつの時代も女性陣は美味しい物が大好きといいますか。

右に新店舗オープンで評判よしとなれば仕事帰りでも飛んで行き、
左に行列の絶えない小洒落た店がありと言われれば予約パンチ。
まあもちろんハズレもあるんだけど月に1、2回の仕事仲間との楽しみね。

先週、隠れ家的なお店を見つけたから
そこで食事をということになって、
休日に車で40分かけて隣県のど田舎に到着。

スポンサーリンク

ちょw私の故郷www

空家率6割で子供もほとんどおらん…
最後にひとつ残った薬局が潰れたのが10年前。
近くにスーパーもなきゃバスもない。
6時間に1本ある電車に乗ると当日家に戻れない。

古民家は余ってるけど、
改装してまでこんな田舎でいったい誰がメシ屋を?
って何とも形容しがたい気持ちで、
小綺麗な恰好の雰囲気浮きまくりのみんなの後に続くと

スポンサーリンク

「ココよ!ココの古民家レストラン!」

と興奮気味に言われ私の実家登場(´゚д゚`)

「今日はようこそいらっしゃいました (`・д´・ ;)ハッ!」

着物姿の母登場 (´゚д゚`)

「本日はありがとうございます。お味の方はΣ(・∀・;)ハッ!」

シェフの父登場 (´゚д゚`)

「お茶のおかわりは…(; ・`ω・´)ハッ!」

隣家のおじいさんがウエイターで登場 (´゚д゚`)

(´゚д゚`)ぇェ…

同僚の

「海外で修業したシェフが素材に拘り、ここの水と無農薬がなんちゃらかんちゃら」

の与太話をBGMに聴き、一番人気を注文して出てきたのが、
御大層な名前が付いた和風生パスタ。

パスタ買いに行くのもめんどくせぇから、
私がクックパット観ながら作ってたヤツな。

この街で天下取るらしいよハハッ…ハ……

スポンサーリンク