私が退職することになったらオジサン社員から「このCD-R見て」と渡された

前の会社に居た時の話なんだけど、
プロジェクト一緒になって仕事上で絡む事が多くなった中途入社の
オジサン社員と帰りに電車が一緒になった時に

「いや~、彼氏とか全然居ないんですよwww」

的な会話をしてしまったあたりから、
何だか相手の様子がおかしくなっていきました。
その後、暫くして

「メアド教えて」

スポンサーリンク

と言われて、仕事連絡で使うかもと思い
番号とアドレス教えたら

「休日だけど今仕事してます~そちらは何してますか?」

「私さんの今日の服装、いつもと雰囲気が違ったような…」

「今日の飲み会、皆さんの意外な一面が見れて良かったです。
特に私さんが…(ry」

ってな感じで、ん?と思うような内容のメールが。
そして風邪引いて会社休んだ時は

「風邪ですって?大丈夫ですか?凄く心配です…」

「今から何か食べ物でも買っていきましょうか?好きなものは何?」

+着信数件。
家に押しかけに来るつもりかよ!と恐怖して
メール&着信はガン無視しましたが、
流石にこのあたりから妙に気に入られてしまったのを自覚。
その後も頻繁に食事に誘われたり、
社内チャットで話しかけられまくって

「永久就職とかどうですか?(^^)」

といったようなゾワゾワするアタックを何とかやり過ごしてました。
その後、スレチなので詳しくは割愛しますが、
オジサン社員のアタックに加え、
理不尽な減給&ボーナスカット&暴言罵倒の
嵐なブラック会社の仕打ちに我慢の限界が来て退職を決意。
家族の後押しもあって、次の職場決めるのも待たず
退職日をとっとと決めました。

案の定、退職が社内で発表された日
オジサン社員はエラくしょげ込んだ様子。

「…ショックだぁ~…」

「相談してくれれば良かったのに…」

「私さんには次の所を決めてから辞めて欲しかった、
そのお手伝いがしたかった」

と色々言ってきたけど、スミマセン急な話で、
と社交辞令的な返事だけしときました。

スポンサーリンク

PCのメアド教えてくれと何故かしつこく言われたけど、
携帯だけでもうコリゴリだったので
そこは苦しい言い訳も使いまくって全力で断りました。

しかしこれでオサラバ出来ると
安心したのも束の間、翌朝早くに長文メールが。
内容は、昨日ウダウダ言ってきた事を更に長文で
引き延ばした文章と資料?をまとめたから見てくれというもの。

会社に来てみると、机の上にある
私のメモ帳にCD-Rがはさんである。

勝手に私物いじるなと思いつつ、
オジサン社員がとりあえず色々まとめたから
家に帰ってから見てくれと言ったので、帰宅後に自宅PCで閲覧。

ちなみに中身見るのにパスワードが必要になってて、
そのパスが私の名字(ローマ字)になってたので、
中身見る前からテンションだだ下がり。
で、肝心のディスクの中身は

・オジサン社員の履歴書&職務経歴書(歴代の会社面接で使用していたらしきものがズラリ)

・転職HowTo資料(どっかの転職サイトから持ってきたのか?)

・長文メッセージのテキストファイル(PCアド教えて欲しかった…相談して欲しかったetc)

といった、実にボリューミーなラインナップ。
まさかの個人情報ファイルに顔面蒼白。
書類書くのに参考にしてくれとの事だけど、
こんな取り扱いに困るもの寄越してくれるな。
ちなみにPCアド教えてくれなかったからCD-Rでコレを渡したそうだが、
こんなモンがメールで送られてきたらウィルス扱いしてしまうよ…

そしてその資料でオジサン社員は、
50間際の独身(入社当時)という個人情報を確認。
20代後半の自分がオンギャーと生まれた時には
既に会社勤めしているような年齢差で、
何でこんなアプローチをしてくるのか頭を抱えました。

その後、資料の改訂版が渡されたり、
退職日まで毎日のように食事に誘われたり、
知り合いの会社紹介しようかとお誘い受けたり(全スルー)、
何とか繋がりを持とうとメールしてきたりで
絡みまくってメチャクチャ怖かったのですが、
無事転職先の会社も決まり、
iPhone買ったついでにメアドも変えて少し落ち着いた感じ。

頑張って抜け出して良かった…

スポンサーリンク