妹が子供を病気で亡くした。教師をしていた妹は学校で不意に泣きながら生徒を抱きしめる行為をして教師を退職した

妹が子供を病気で亡くした。
教師をしていた妹はたびたび学校で不意に泣きながら
生徒を抱きしめる行為をして
教師を退職した。

教師を辞めた妹は1日家に籠り死んだ子供の遺影を眺め続け
同じく教師をしていた旦那さんは一大決心をして
親の反対を押し切り
妹を連れてド田舎に引っ越す。
生徒数がわずかに30人足らずの
小中同時教育の学校で旦那さんは
教師を続ける。

スポンサーリンク

妹は心療内科に通いながら
全生徒数30人の学校にたまに顔を出し
子供と触れ合っていた。
旦那さんが校長・保護者に事情を説明し
土下座する勢いで頼み許可を
貰ったらしい。
都会の大きな学校だと人数が多くて
説得が大変だと思ったと後に聞いた。

スポンサーリンク

これが30年前の話。
今の妹には孫もいる。

旦那さんは笑い話にしてるけ
ど妹が旦那を見つめる目は数十年経った今でも
愛情がタップリ詰まってると感じる。
きっと自分が知らない所でも
旦那さんは妹に尽くしてきたんだう。

私ですか?ええもうすぐ60代になりますが独身です。

当時は本当に修羅場でした。
たぶん最悪の修羅場にならなかったのは
旦那さんのお陰だと思う。

当時を思い返すと明るく元気な妹が
抜け殻になったのは衝撃だった。
人としてそこに存在してるだけ、感情がほぼ0の状態だった。
妹の食事も下の世話も最初は旦那さんが全部やってた。
少しして事情を知った私と母が手伝ったけど。

スポンサーリンク