B「お前の存在自体がキモい!タヒね!」  いじめられっ子の私「お前がタヒね。」

登場人物:当時全員中2
     ○○、私。女子。いじめられっ子。
     A、中学から一緒の男子。同クラス。野球部。
     B、私と同じ小中学校。男子。他クラス。いじめっ子。サッカー部。
     C、同上。Bの取り巻き。バレー部。
     D、同じクラスの女子。ちょとだけ仲良かった。

小中学生の頃、男子にいじめられてた。
女子には無視されてた。巻き込まれたくないからっていうのと、
男子のいじめ内容に引いて遠巻きに見られてたっていう感じだった。
先生にも親にも相談した事はあったけど、毒親だったし
一時的に収まるだけでしばらくしてからより陰険に酷くなったので
自分のどこが悪いのか分かってて直せる所は直してたけど、
目つきが悪い、貧乏とかは直しようがなくて
生きててごめんなさい位の勢いでひっそりというか、
こそこそと生活してた(それもいけなかった)。

スポンサーリンク

中2の時に何故かそんな私に親切にしてくれる男子(A)が現れた。
そのA以外の男子たちには蹴られたり水かけられたり散々な目にあってたので、
Aに挨拶をされたり教科書を見せてとか言われるだけで、
私は怖くて挙動不審になってた。
それでもAは私に親切にしてくれてた。

なんでAは親切なんだ、怖い、
何か裏があるんだと怯えていたある日、
私の美術の提出物(絵)が他クラスに紛れ込んだらしくて、
放課後に小学校の時からいじめに参加してたBとCが持ってきた。
Bはただ「これ紛れてた、誰の?」と、声を掛けるだけだったけど、
Cは絵をラウンドガールみたいに高々と掲げて
教室中の人に見えるように見せびらかしてた。
ていうか、名前が書いてあってすぐ分かるはずだから
それもいじめの一つだったんだと思う。

すぐに私のだ!と気付いて「私のです!」と言って取りに行ったら、
Cはにやにやして絵を掲げたままで返してくれない。
Bは横でしらーっと「あっそ」と言っただけで他の男子と喋りだした。
泣きそうになってたら、パッとAが絵を取ってくれた。
A「子供みたいなことするなよ、中2にもなって」
私「ありがとう」と絵を受け取ってAにお礼を言い、
自分の席に戻ろうとしたら、
C「○○が好きなの?wwあんな気持ち悪い奴www」
C「別にお前が好きだからこんなことするわけじゃないから!w
勘違いするなよ!?ww
つーか、俺の事好きになったりしないでね!!wwwww」
と大声で言って、教室にいた殆どの子が笑った。
勘子だと思われてたらしい。挙動不審なのも好きだからと思われてたらしい。
そんな風に見られてたのか!って恥ずかしくて、
自分の机に突っ伏して顔を隠した。

ところがそれを聞いたBがCを蹴って、
Cは教壇に居たんだけど転んで机を巻き込んで倒れた。
サッカー部のBが蹴ったので、Cは飛んだかのように見えた、
と後で周りに居た子に聞いた。

B「馬鹿か!?あいつ(私)は俺の事が好きなんだよ!
お前らのこと好きになるわけねーじゃん!」
・・・・・・え?
耳を疑って顔を上げたら、Bがふふんって感じで笑って私を見てた。
ぎゃー!うそでしょ!?なんでBまで勘違いしてるの!?
とパニック起してたら、
A「それはないでしょwBって○○さんの事蹴ったりしてたじゃんw
そんな人のこと好きになるわけないじゃんww」
と突っ込みいれられてた。

Cも立ち上がってBのこと睨みながら「そーだよB、んなことねーよ」とか言った。
B「だってあいつ、俺の事を見ると逃げたりするんだもん。ムカつくじゃん」
A「それはBに見つかるとつば吐かれたり蹴られたりタヒねって言われたりするからでしょwww」
B「だーかーらー!それは俺を見るとキョどるからでー!」
A「○○さんがBのこと好きだって、何で思ったの?wwww」
B「俺の事、遠巻きに見てるじゃ・・・・・・あれ?」
何かに気付いたらしい。
遠巻きに見てたんじゃなくて、見つかるとわざわざ追いかけて
挙句に蹴られたり暴言吐かれたりryだったので、
怖がって見つからないようにしてたのがいけなかったみたい。
ていうか見つかってたのかorz

私はもう

「私が悪いんだ私が悪いんだごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

ってがくがくしてた。
Cが蹴られたのも、Bが勘違いしたのも私のせいだって。
今度は何をされるんだろう、Aもいじめの対象になっちゃう、
Aは悪くないのにどうしようって。
親切にしてくれてた唯一の人まで巻き込んでしまった!!
って自分に吐き気までしてた。
なんか、声にも出てたみたいで近くにいたDが
「大丈夫?○○さんは悪くないよ」って声を掛けてきてくれた。
D「ごめんね、○○さんがそんなに酷いことされてるなんて知らなかった」って謝られた。
ビックリして何もいえなかった。Dは何もしてないのに謝るなんて。
女子には悪口と無視されてたんだけど、
それも仕方ないよな、巻き込まれたら怖いもんって思ってたから。
Dはたまにだけど話してくれてたから、
感謝してたくらいだったのに。
気がつかなかったけど私は泣いてたみたいで、
Dがティッシュまでくれたので持ってるからって断って、
立ち上がってBの顔をしっかり見た。

怖かった。また机を投げられるかもとか、
蹴りに来るかもしれないとか、
Bの周りには一緒になって私を蹴ったり水かけてきた男子もいたから。
でも、今日はBたちと私の間に机があるから
少しはまぬがれられるって妙な安心感があった。
足ががくがく震えてたけど、Bの眉間を見て言った。

私「私は、Bの事が嫌いです。怖いです。だから逃げ回ってました。」
Bが物凄く驚いた顔をした。
周りにいた男子がいっせいに「生意気だ!」とか
「喋るなよ、耳が腐る!」とか怒鳴りだした。
私「そうやって、責められるのも、酷い事されるのも嫌だったから、逃げ回ってました。」
怒鳴った。
泣きながらだったけど、
Bから目をそらしたら負けだと思って一生懸命大きな声を出した。

私「整形しろって言われても、
家がぼろいから建て替えろって言われても、
私にはどうしようもないです。
目ざわりだって言われたから大人しくしてたら気味が悪いって言われて、
学校来るなって言われたり、頭悪いんだから勉強しろって言われたり、
あなた方に言われる筋合いはないです。
敬語で話すのが気持ち悪いと言った人も居ましたが、
これは親しくもないのにタメ口で話すなって言われたからです。」
男子が野次を飛ばすのを止めた。Bが目を逸らしたけど、
それでもBの事を見続けた。

女子の方から、「え、そんなこと言われてたの?ひどくない?」とか
「そういえば○○さんって何で嫌われてんの?」とか
「がんばれ」とかいろいろ聞こえてきた。
答えなきゃダメかなって思って、怒鳴るのを止めて、
泣いてぐしゃぐしゃの顔も拭いて、普通に話すことにした。

私「何が発端だったかは、私も分かりません。
小3の時に家がぼろいって言われだして、
そこからバイキン扱いされ始めましたから。」
D「え、そんなの○○さんのせいじゃないじゃん。」
女子「そんな前からなの!?すげー男子鬼じゃん!!」
女子「○○さん、無視してごめんね!」「ごめんね、私も無視したことある!」
女子の何人かが謝ってくれたけど、
私「逆に巻き込まれてたかもしれないから、無視するのも当然です。
むしろこんな風に騒ぎにしたり、謝らせてごめんなさい。」
何人かの女子は泣き出してた。

スポンサーリンク

C「○○は家が貧乏だからフロ入ってなくて臭いんだよ!」
男子「そーだそーだ!!」
Cの一言で男子がヒートアップした。
Dが、ごめんと一言言ってから私の匂いを嗅いだ。
D「臭くないよ?」
男子「そんな奴かばうなよ!」
D「かばってないよ!」
私「Dさん、いいよ。でも、ありがとう。
お風呂には入ってます。決め付けるの止めてください。
ただ、臭かったこともあったと思います。同居してる祖母の介護してますから。」
C「やっぱ臭いんじゃん!!」
私「臭いって言われた小5の時から毎朝お風呂入ったり
制服に消臭剤振りまいたりしてるのに?臭いってすごい鼻ですね。
ていうか嗅いでたんですか?気持ち悪いですね。」
C「んだと、ゴラァァァ!!!!」
キレたCにイス投げられたけど、右手ではじいた。
周りに居た子には当らなかったのでホッとした。
すごく腕が痛かったけど、ずっと色々されてきたことや
言われてきたことを思い出して、
だんだん腹が立ってきたので私もキレてた。
でも、そんな私にBもキレた。

B「おま!お前の目がキモいんだよ!!
吊り上がっててさぁ!狐みてぇでキモいんだよ!!」
私「遺伝ですから。私にはどうしようもないです。
両親かご先祖様に言ってください。
ていうか、気持ち悪いんだったら見ないようにすればいいじゃないですか。」
B「その声もキモい!喋るな!!」
私「んじゃ耳ふさげばいいじゃないですか。」
B「お前の存在自体がキモい!タヒね!タヒねよ!!」
私「んじゃ絡まなきゃいいじゃねーか。つーか黙れ。お前がタヒね。」
Bがまた驚いた顔をして黙った。周りの男子も驚いてた。
もういい加減「タヒねタヒね」言われ続けたせいか、
さらっと口から出たし、敬語じゃなくなってた。

私「人があんた等の暴言ボウリョクに怯えて逃げ回ってたら
調子付いて好き放題言いやがって。本っ当にやりたい放題だったよな?」
とまらなかった。
私「私は私にも悪い所があるからって直せる所は直してきたよ。
目障りだなんだ言われても我慢してた。周りの人を巻き込まないようにもした。
それが調子付かせたんだと思うけど、あんた等何様なの?どこまで付け上がるの?」
もう教室中シーンとしてた。声を張り上げなくても、聞こえてたと思う。
Bのすぐそばに居たままのAが、その調子だよといった感じに頷いてた。

私「事故や病気でしかタヒぬ気はない。ジサツする気はない。
あんた達に負けるのは嫌だ。あんた達を喜ばせるのは嫌だ。
もうこれ以上、私は私をコロしたくない。我慢したくない。
私が気に食わないんだったら私に拘わらなければいい。
声を聞きたくないなら耳をふさげばいい。見たくないなら目をつぶればいい。
存在自体が嫌だ、タヒねというのならお前が存在を消せばいい。タヒねばいい。
そういうことでしょ?今までそう私に言ってたもんね?
違うの?なんか反論ある?」
BもCも、周りの男子も黙って答えなかった。

しばらくそのまま全員無言で居たんだけど、
放課後の教師の見回りで帰る様に言われて、ぱらぱらと帰った。
何人かの女子に泣きながら謝られたり、
小数の男子にも謝られた挙句に「気が済むまでなぐってくれ!」って言われたりで
ちょっと戸惑ったけど、なぐらずに「もうしないでね」とだけ言った。
キレて良かった、もっと早くキレるべきだったと思った。

で、Aと一緒に帰ろうと言われて一緒に帰ることになった。
2人とも自転車通学だったので、
自転車を押しながらゆっくり歩きながら話した。
「どうして私に親切なのか、Aの意図が分からなくて怖かった」
と、挙動不審だったことを謝ったら笑われた。

最初は周りに男子にいじめられてる私を見て、興味本位で近づいた。
けど、全然普通というか、怯えてて可哀想に思った。
話してみたら優しいと思った。
偽善者みたいだけど、
こう上から目線で言っちゃいけないんだけど、守りたいって思った。
で、今日キレた私を見て強い面もあるんだと驚いたけど、惚れた、惚れ直した。
もっと○○さんを知りたいから付き合ってくれないか、と。

思考停止しました。
自転車倒しました。Aの足に当ってしまって
道路で私が泣いてしまってとグダグダになったのですが、
なんて答えたのか覚えてないけど、Aと付き合うことになりました。

それ以来Aも、他の男子も怖くなくなって、
挙動不審になることもなくなりました。いじめも、なくなりました。
Dさん以外の女子にも、友達ができました。
Bに中学卒業後も何故か付きまとわれ色々ともめましたが、
そこでもAに励まされて乗り越えることができました。

Aと私は約10年間の付き合いを経て、来年の春に結婚します。
GWに結納をするので思い出して書きました。

499: 恋人は名無しさん 2008/04/28(月) 14:20:17 ID:Fh08O0Zr0
>>491

結婚おめでとう。でも
>Bに中学卒業後も何故か付きまとわれ色々ともめましたが、

ここだけkwskしてもいい?

502: 恋人は名無しさん 2008/04/28(月) 14:41:09 ID:Gh4KrqMc0
>>499さん。
箇条書きにします。
・中学卒業後、Bは他県の高校に行った。
・秋の高祭に現れ親しげに声を掛けられた。×3年間。
・休みに友達と遊んでいると現れて親しげにry。月1~2回見つかる。
・バイト先に現れてry。
・同じバイト先に後から入ってきてry。
・高校卒業後、東京にある大学に行ったA。某県の大学に行った私。
・なぜか学内で見かける。月に1~2回。見つかる事はなかったがgkbr。
・バイト先に現れry。
・同じバイト先に後からry。
・大学進学を機に一人暮らしを始めたら周辺に現れry。
・Aとデート中に現れ遠目に見てる。月に1~2回気付いた。(これは中2から)
・Aが呼び出されて延々と愚痴を聞かされたあげく、Aの携帯からこっそり私のメモリゲット。
・私にイタ電と痛メール。1日に20~30件。2週間。
・警察に届ける。Aと判明。
・Bに彼女ができないのはAと私のせいだといわれる。
・Bが就職できなかったのも私とAのせい。
・B親から謝罪。念書。
・Bは遠くの病院に入院。鉄格子はないけど当分出られないとの事。
以上です。

509: 恋人は名無しさん 2008/04/28(月) 16:31:44 ID:3PiPhAac0
Bの執念がすごいが「小学生男子が気になる女の子にちょっかいだす」
やつの延長?(単に下に見てただけなんかもしれんけど)

なんにせよ、結婚おめでとう。
Aといつまでもお幸せに!!

私も今でも少しだけですが、人間関係を新たに作るのが怖いです。
それでも、信頼できる友人たちを作ることができました。
506さんにもお子さんにも幸せが訪れるように、PCのこちらから祈っております。

Bが何をしたかったのかは、私も推測しかできませんが、
「下に見ていた人間が逆らった挙句に幸せそうに笑ってる。
自分(B)は周りから白い目で見られるようになったのに。許せない。」
というのがBからのメールの一文にありました。
私は魅力があるわけではないので、逆恨みと執念だと思います。

イタ電がBだと分かった経緯は
詳しく聞いてなかったのでAに確認してきました。
警察に相談した際に中学時代のこと、
Bがずっと以前から周囲をうろうろしていること、
BにAが呼び出された後からイタ電が始まったこと等を話したら
私の住んでいるアパートの周辺を巡回してくれまして、
1週間ほどした頃にアパート下に現れたBに職務質問をした。

ここまでは聞いていました。

その職務質問中にBが逃げようとしておまわりさんをなぐり、
公務執行妨害で現行犯逮捕だったそうです。
最寄の警察署に連れて行こうとしたら携帯電話を捨てようとしたので
任意で携帯を調べたら私への発信履歴が残っていたので
どういうことなのか聞いたら認めた、とのことでした。
注意というか、迷惑防止条例違反に引っかかりました。
それで訴えますか?と聞かれたのですが、
親御さんたちから謝罪を受けましたし、
近寄らない事や接触しないこと、カウンセリングを受ける事などを条件として
念書を書いてもらって私の方は示談にしました。
細かい所は弁護士さんに入っていただきました。
公務執行妨害のほうがどうなったかまでは教えてもらえませんでした。

スポンサーリンク