JCがふとももを触られていた

ほぼ満員電車に俺は立っていた。

で、3つ隣にJCと見られる子がいた。
その子は、150cmあるかないかくらいで、黒髪の二次元的な顔だったが、
まあ美少女と呼べた。

で、ここからが本題なんだが、ふとその子の方を見ると、
誰かに太ももを触られてた。
触ってるのは四十代くらいのサラリーマン風の男だった。

その子のスカートは膝くらいまであり、
サラリーマンがスカートの上から太ももをさわる、という感じで、
そん時はその子の顔はよく見えなかったが、どうやら何故か笑っているようだった。

スポンサーリンク

すると、その子がいきなり、痴漢リーマンの手をガシツツ!とつかんだ、

JC「あ”あ”あ”あ”ぁっ!!!!!!」

痴漢「」ビクツ

JC「へえ…おじさん、ロリコンなんだ…」

痴漢「」ビクビク

JC「てか、私みたいなおっさん女子に痴漢なんて、あんた、バカすぎっしょ?ww
私よりバカな人初めて見たゎw」

痴漢「」←パニクる

JC「あのね、私の友達に、超可愛い子、た~っくさん居るよ?よりによって私選ぶとかワロタw」

痴漢「」

乗客「」

JC「でもね、私の友達に手ェ出したら、あんたこうだよ」

JC、右手で死ねのサイン

JC「あーでもそれはないか。だってあんたもう捕まっちゃうもんねww」

痴漢「」

スポンサーリンク

JC「女くらい自分で見つけやがれ!!」

痴漢「は、はいィ…」ガクブル

痴漢、次の駅で他の乗客に下ろされる、JC、拍手喝采w

で、、

俺「大丈夫だった?」

JC「あ、はい、全然!っていうか私が被害者で良かったですよ~!
私の友達とか、可愛い女の子にこんな目に合って欲しくないし」ニコニコ

俺「お、おお…」カンドウ

JC「まあ、こんな男みたいな女子に出来ることと言ったら、これくらいしかないですし!」ティヒヒ

俺「いや、そんなこt」

JC「よし、これで明日の話題は盛り上がるぞぉ~♪
あ、てか私いつメンとかいないじゃんwお兄さんには、中1のころ、いつメンいましたか?」

みたいな感じで、俺が降りるまでJCと雑談してた。
その子は、親友は居ないがクラスメイトとは幅広く話す方だとか。
その他色々教えてくれた。俺が降りる時も、ありがとうございましたー!!って、
ニコニコ手を降ってくれたよ。マジ天使!

自分の事を男みたいと言うが、全然そんなこと無い。
むしろマジで可愛い!にしても、
そのJCイケメン過ぎて一生ついて行きたくなった…

自分の武勇伝じゃないけど、めちゃくちゃスーッとしたので載せた。
あのJC、今思えばあの時中1だったんだなぁ

また会えるといいなぁ…

リアルプリキュアだったよw

スポンサーリンク