コトメが実家の山に竹の子を盗みに来てイノシンに轢かれた。私はそっとカーテンを閉めた。

コトメが実家の山に竹の子を盗みに来てイノシンに轢かれた。

転げ落ちてくコトメが視界から消えたところで
私はそっとカーテンを閉めた。

コトメが実家の畑に
スナックエンドウ豆を盗みに来たが収穫後だったため
罠にかかって死んでる穴熊を持って帰った。
どうやらリフォーム屋に持って行って
ファー小物にしてもらうつもりだったらしいが、
もちろん断られた。

頭に来て鍋にして腹を壊したのだが、
以外と美味しかったと騒ぐコトメのお見舞いに
私は行かなかった。

スポンサーリンク

コトメが実家の山に山菜を盗みに来て蜂に追いかけられた。
とばっちりが怖いので、速攻で実家の戸締まりをした。

コトメが実家の畑に苺を盗みに来て漆にかぶれた。

これらに対し、
私に一言も文句を言ってこないコトメは
ある意味潔いとすら思う。

私の実家です。
全て私が里帰りしてる間でのこと。
それ相応の罰が当たってるので、
特に苦情は言ってない。

穴熊をどうやってさばいたかは…知らん。
しっぽを無理矢理キーホルダーにしようとして
虫が沸いたり、
コケモモを盗みに来て川に流されてったり。

被害ゼロなんだぜ、実家。

フェイクなしで、実家は清里高原です。
コケモモもイノシシも穴熊も普通にいるけど、
正式名は知らないっす。

特筆すべきところといえば、
むちゃくちゃ美人だってことかな。
それがなんか見るからに泥棒ルックで
山に来るからすぐに分かるのよ。

真っ黒の体のラインがよく分かるジャージみたいなの着て
フードかぶってるから、
あ、コトメじゃね?みたいな。

仕事は何やってんだろうねぇ…
パラで独だけど、引きこもってたり
ウトメに金をせびってる様子もないけど、
男の影も全くなく。
旦那もほぼ没交渉だし、マジで謎な人だよ。

旦那がなぜ没交渉なのかって、
旦那の部屋に勝手に入ったり、
物を勝手に持ち出したりするからなんだよね。
かといって粗末に扱うわけじゃなく、
それなりに大事に使ってるみたい。

そういえばチベット巡礼に行くって言って、
オレンジ色の風呂敷買ってたけど、
もしかして着たんだろうか。

以前猪にひかれたコトメを書いたものです。
あれから色々心温まる交流がございました。

まず実家の畑や山に盗みにくるって書いたけど、
ごめんなさい。両親の許可がありました。
なんでもやしろがみ様の世話をする代わりに
作物を義実家分くらいなら
自由に取って構わないと両親自ら言ったそう。
ごめんよコトメ…

コトメを誤解してた、と両親に言ったところ、


「あの子面白い子ねぇ~」

「家に上がってもらったんだが、
武士みたいな座り方なんだよ。
膝を開いた正座で、ひざにこぶしを乗せてて。」


「フードに付いたひもをキュッて絞めてかぶってるから
お面みたいなのよねぇ~」

とりあえず私も反省し、やしろがみ様を拝みに行った。
そしたらバラの花束(孔雀の羽入り)が供えてあった。
きっとコトメは榊を供えることを知らないのだろうと思い、
気を取り直してほこらの扉を開けた。

御神体がスワロフスキーでデコレーションしてあった。
傍らには小悪魔風フリフリクッションが複数置かれていた。
腰抜かした。
御神酒が黒かったから、
すわ呪いの願掛けかと思ったけど、リキュールだった。

なぜか「コトメが両親に怒られてしまう!」と思い、
クッションとバラを回収し、榊とお神酒に代え、
スワロフスキーを剥がしてきた。

その日アポなしではあったが、
義実家へ行き、コトメに話をした。
コトメは自分の好意を否定されて、
ほっぺたを膨らませて拗ねた。

しかし私が
「コトメさん、よく事故に遭いますよね?
(猪にひかれた、川に落ちた、漆にかぶれた)
それってもしかして
やしろがみ様が怒ってるんじゃないですか?」
と言ったらハラハラと涙をこぼした。
ちょっと胸キュンした。

そしたらコトメは部屋を飛び出して行き、階段から落ちた。

仕方ないので軽トラの荷台に乗せて病院まで送った。
(助手席には壊れたブラウン管が置いてあり、
どかせないので荷台に乗ってもらった。
道交法違反すみません…)

コトメは尻の打撲と足の怪我と擦り傷で結構重症だった。

帰り道ふと思ったのだが、
家の畑や山で事故にあったとき、コトメはほぼ無傷だった。
(毎日いそいそと現れたし。)
しかし階段真ん中辺りから落ちてこの怪我、
多分これが普通なんだろう。

そう考えたら、コトメはもしかしたら
家の敷地にいる間は
やしろがみ様に守られていたのでは?
もしやしろがみ様が
コトメコーディネートを気に入ってたら、
やしろがみ様に申し訳ない。

などとオカルティックな考えがよぎったけど
気のせいだろう。

でもまぁこれからも今まで通り
コトメにはノータッチで過ごそうと思います。

スポンサーリンク

そうか、コトメ人気か。
誰かもらってやって下さい。
旦那いわく、
今までほとんど男の影がなかったみたいなので。

まず、やしろがみ様は、家や敷地を守る神様で、
メジャーがどうかは知らないけど、
実家周辺の家にはみんな祠ってある。(漢字合ってる?)
盆地の方も、一軒家の昔からずっと住んでる家にもある。
多分きつねちゃんだと思うとコトメ談。

もともとコトメは古事記やら密教やらが好きで、
たまに家にふらっと現れては
やしろがみ様を拝んでいたみたい。

叩かれるだろうけど、ぶっちゃけ家族は
やしろがみ様のお世話を頻繁にはしてなかったから、
コトメさえ嫌じゃなければお願いっていう経緯。

その時の話が「武士みたいな座り方」だってさ。

わりと人気なコトメがいるけど、
今年もタケノコ掘りにきてた。
猪には轢かれなかったよ。

私と旦那がニジマス釣ってたら、
羨ましくなったみたいで竹やぶから竹切ってきて
即席の釣竿作って荒縄くくって垂らしてた。
そんなんで釣れるかいな…

3時間後釣りやがったよ

信じられない。

荒縄を首吊りみたいに輪っかにする

ニジマスが通り抜けようとする

腹がつっかえる

抜けなくなって釣れる

あの人なんなのマジありえない。

ほんとなんか憑いてんじゃないかって思ったわ。
ちなみにやしろがみさんには今はきちんと榊を供えてる。
金箔スプレーしてあるけど、
まぁさかずきも金蒔絵細工だし、
これくらいはいいんじゃないかな…

蓮の花もたまに生けてあるけど、
宗教違うと思うのは私が知らないだけなのかも?
よく分かんない。

タケノコ掘りでトメに聞いたけど、
若い頃のコトメはそれはそれは麗しく、
リアルかぐや姫みたいに毎日求婚されてたようだ。
それに対してコトメは
右手の手の平を向けて指二本くっつけたような
チョキをして迎えてたらしい。(旦那談)

だれもそれに反応しないからお付き合いには至らず。
「あいつは宇宙と交信してるから…」
と旦那とウトは言う。

うーん、これもまたコトメ可愛いってレスがつくのかな。
私には理解不能すぎてよく分かんないよ…

あ、なるほど。
ウルトラマンだっけ、海老みたいなやつが出てくるの。
バルタンだと思ってたらバルカンだったんだ。
だから変なハサミの真似してたんだね。
一つ勉強になりました。

今度フィギュアでも買っていってあげます。
やしろがみさんのお世話のお礼に。
喜んでくれるかなー

スタートレックって教えてくれてありがとうございました。
意外と人気なんだね。
私の友達も知ってたよ。
その人からバッジをもらえたから、コトメにあげました。
すんごい勢いで喜んで、なんか私も嬉しくなった。

何度も書いたけど、
コトメめちゃくちゃ美人だから、
なんかこう、胸がキュンってなるんだよね。
「私ちゃん好き…」 って言われた。

でもその後、
「あのね、宇宙は最後のフロンティアなの。」
「私達は物質的な世界で生きてるの。」
とか言いながら、バッジをバシバシ叩きながら
「こちらエンタープライズ!エンタープライズ!」
って騒いでたよ。
よく分かんないけど喜んでもらえてよかった。のかな。

なんかもう書いちゃうけど、
誇張でもなんでもなく、コトメほどの美人見たことない。
正直芸能人なんて足元にも及ばないくらい。
とにかくめちゃくちゃ綺麗。

加えてこの妙な性格。
小さい頃から神様のヨリシロって言われてたんだって。
ただ私も私実家も旦那実家も
オカルトなんて一切興味ないから信じてないけどね。
だから前に神様に守られてるって書いた人いたけど、
鋭いなーっつ思った。

でも守られてるなら猪に轢かれたり
アナグマに当たったり漆にかぶれたり

髪にマムシ絡まってたり
(見つけた私が叫んだら、
石にするぞーって追っかけてきて、
つまづいたあげく竹やぶにダイブした。
ネマガリ竹だと喜んで芽を摘んできたが、
当然ネマガリではないので固くて食べられず。
ささら状になるまでしゃぶってた。)

エイに襲われたり三輪車に轢かれて入院したり
扇風機に指突っ込んだり
アリの大群にたかられたり百日咳にかかったり

ダメだ、もう切りがない…
つかヨリシロさまならSFXに興味示すはずないだろうし。
聞いてくれてありがとう。
私には本当に理解すぎて、誰かに吐き出したかったの。

書き忘れ。
ヨリシロって言われてたのはあくまで小学生まで。
それ以降は「ヨリシロさまとはちょっと違うべ…」
と近所の神主さまに言われて終了。

かぐや姫ってあだ名が付いたのは
綺麗だからっていうより、地球人じゃないから、
という意味合いが強いかららしい。

旦那もウトメも政治ではなく
人間として鳩山を少しだけ応援してた。
美幸夫人を愛する人間がいるなら、
いつかこの素のコトメを愛してくれるかも…
という淡い期待を込めて。

スポンサーリンク