おじいさん「あそこにある金を口座に入金したい」そこにはリヤカーと野菜の段ボールが

暑い時期になると思い出す、友人から聞いた衝撃話。

ド田舎の銀行勤務の友人の、10年ほど前の勤務先は、
ド田舎県の中でもド田舎の支店。
それでも銀行だから

「1円合わなかったら帰れない」

はあったらしい。
そんな中、上は麦わら帽子に男性用肌着、
下はモンペなおじいさんが来店した。

窓口に来て

「誰か来てくれんか」

と声をかけられ、友人が対応。
ATMの使い方でも聞かれるのかな?と思ったら、おじいさんは

「あそこにある金を口座に入金したい」

というようなことを言いながら友人の手を引く。
はいはいと付いて行ったら、炎天下の銀行前駐車場にリヤカー。
満載の「なす」「ピーマン」「きゅうり」「トマト」等と書かれた段ボール。

「タンス預金していたが、近所で強盗殺人事件があったので、物騒だし不安になった」

と言うおじいさん。

中に入っていたのはほぼ全て万札。
一部5000円札や1000円札もあったが9割以上が万札。

慌てて支店長に報告に走って、支店長や次長、外回りから帰ってきた営業や
出納担当など、とにかく窓口で接客していた行員以外全員がリヤカーに。

裏口からリヤカーごと店内に入れ、おじいさんを応接室に通してお茶を出した後
その場の全員で機械と人力フル稼働で計測。

スポンサーリンク

しかし、おじいさん本人が

「いくら持ってきたかわからない」

なので、何回も何回も機械で数え、機械のミスに備えて人間が数え直し、
更に機械で数え直したものをまた別の人がチェックして…を繰り返して、
最終的に確定した金額は約3億5000万。

数えるのに数時間かかり、おじいさんは帰りたがったらしいが、
そういうわけにもいかないので大変だったらしい。

「まさか農作業の帰りにしか見えないおじいちゃんが、
3億5000万をリヤカーで引っ張ってるとはだれも思うまい…」

だが、友人曰く、おじいさんは自宅からほぼ5kmを
リヤカーで移動してきたらしい。熱中症で倒れたらどうすんだ。

帰りは遅くなった&大口顧客になったので行員が送ろうとしたが

「リヤカー残しては行けん」

とリヤカー引っ張って帰ったとか。

強盗に遭わないよう、男性行員2人が同行したそうだ。

友人は段ボール箱見た時

「まさか全部ジャラ銭か」

とゾッとしたそうだ。

万札だとわかった後は、それはそれで

「これを全部数えるのか…」

と残業を確信したとか。

農業してるおじいさんがタンス預金してただけあって
ゴワゴワしてたり破れかけてたりで機械で数えられない分もかなり多かったと言ってた。

スポンサーリンク