四十代でハケンなんてロクなもんじゃないだろ、すぐ切って別のを…ところがおっさん、初日から只者ではなさそうなところを見せた

会社に来たハケンのおっさんが凄かった。
わが社は建材の販売をしているんだが、
商品を各現場に届ける配送部と商品を管理する倉庫にそ
れぞれハケンが一人ずつ来た。

俺の方、倉庫にはフォークに乗れるおっさんが配属され、
配送の方には体格のいい元気そうな二十代半ばの男が。
倉庫チームのリーダーはこの辞令を聞いて
「あっちのほうがよかった」と呟く。
でもしかたないね、若いのはフォーク乗れないらしいから。
四十代でハケンなんてロクなもんじゃないだろ、
すぐ切って別のを…というのが大方の予想。

スポンサーリンク

ところがおっさん、初日から只者ではなさそうなところを見せた。
資材置き場には配送の部署が散らかしていった廃材が所狭しと並んでいて、
係長からそれを壊して片付けておくようにというのが最初の仕事。
目分量から考えたら産廃用のでかいゴミ箱もすぐいっぱいになって、
それでも入りきらんだろうと思っていたが、
きれいさっぱり片付けてしかもゴミ箱には余裕がある。
ちょっと不思議に思って見に行ったら廃材がパズルのように
整理整頓されて箱の中。
ほとんど余分な隙間もなく埋め尽くされていた。
ゴミ箱の交換でもかなりの経費がかかるのだが、
おっさんが作業にかけた長い時間の時給と比べてもおつりがくる。

翌日配送部門からクレームが。あそこに置いてたのを今日再利用するはずだったのに…
そしたらおっさん「どの商品ですか?」なにやら商品名を書いてるメモ帳を出すや、
配送が使いたいものがどこにいくつあるかを説明。
それって在庫じゃないのにご丁寧に…と思ったが、
再利用することで経費削減にもなる。
さらに廃材の中から使えそうなものをきれいにして
返品伝票を書いて在庫に戻すなど、
おっさんがきてから経費の削減目標まで立てられるほど課長も注目し始めた。
ある日少し気難しい職人が商品取に来た。
商品管理の連絡ミスで、
ビス一箱程度なんだけどモノが用意されてなかったから焦った。
係長がおっさんに急いで取りに行くよう指示。
おっさん年を感じさせない全力疾走で倉庫へ。
戻ってくるまで五分くらいとはいえ客を待たせて
こっちはヒヤヒヤだったが、
おっさんは全力で走って戻ってくると職人に
「おまたせしましたぁ~」とにこやかに箱を手渡した。
気難しい職人も思わず「フッ」と笑いを漏らし、
俺らは「あの人でも笑うのか」と評判になったほど。
まあそんなおっさんも人間だから間違うわ。

スポンサーリンク

一度その職人の現場に配達する商品の品出しで
おっさんが似たような商品を間違えて出した。
職人はカンカンに怒って倉庫にとりに来たんだが、
神妙に頭を下げうなだれるおっさんとそれを叱る係長を見て、
係長に「そんなに怒ることねえだろ! おめえらだってやらかしてるだろうが!」
いっさい御咎めなしにしてこの件は終了。
おっさんは仕事中いつもにこにこしててすれ違うと
思わずつられてこっちも笑ってしまう。

一方の若いのは建材運びの激務に耐えきれず三ヶ月でやめていき、
手薄になった配送は慌てておっさんの移籍を要求してきた。
こんなかたちでおっさんが倉庫からいなくなるのか…と複雑な気分。
勤務時間は八時からだがおっさんは
七時に会社に来てその日の荷物を確認すると、
自分でフォークリフト動かして積んでしまい八時には余裕の配送スタート。
今までは八時に若いハケンが倉庫に来て荷物出るまでウロウロだったから、
仕事の効率も格段に上がった。

ハケンは基本的に平日のみ勤務だが、
おっさんは土曜日も仕事があれば喜んで出てくる。
稼げるから~なんて言ってるけど体力がよく持つなあと感心した。
朝はゆっくりだし(七時に来てるのに)日曜休みだから(そりゃあたりまえだ)、
と言ってるんだが、つまりおっさんは
すごいブラックで鍛えられてきたことを笑いながら語ったものだ。
さらにハケンの立場もわきまえてか、
自分の息子みたいな新入社員にまで腰が低く「さん」付け。
若い社員にタメグチ聞かれて自分は敬語で返してるから、
卑屈も通りこすと超人格者にしか見えん。

おっさんが三年の派遣期間を耐え抜き
入社試験を優秀な成績で切り抜け中途採用される。
じつは結構いい大学を出てからある企業で支店長にまでなり、
しかし会社からは都合のいい奴隷、つまり名ばかり管理職になって
鬱になって退社したとは人事部からの情報。
にこにこの裏側はそんな悲惨な世界だったのか。
おっさんはじぶんのあとから倉庫に入った
別のハケンの中途採用も自分のことのように喜んでいた。

この中年二人の新しい人生に乾杯。

スポンサーリンク