彼女を両親に紹介した。父「俺の昔の女と同じ所にホクロあるんだな~w」

元カノと別れた話です

彼女とは三年前に仕事の関係で出会って、
ヤケに趣味も合いや会話が弾み、
「あ、この人となら仲良くできる!
てかお付き合いできる!」とお花畑思考で
俺の方から告白してお付き合いを始めた感じでした

俺自身が、何が女性が喜ぶのか考えるのが疎く、
ありきたりなデートばかりしていたのですが、
これと言った問題もなく、むしろ良好でした

お互いの両親とは、互いに自分を紹介し合い
家に泊まったするほどの仲で、
これなら問題ないだろうっと、三年目、
つまり今年に正式にプロポーズするつもりで居ました

欲を言えば、既に指輪は買ってあり、
来月のGWに……とか考えていました

ただ問題は先週の水曜日、4/1日に起こりました

スポンサーリンク

その日は何度かしているように彼女を俺の家に泊め、
両親たちと食事をしていた時です
焼き肉()をし、親父も大分酔いが回ってきた時、
変なことを言い始めました

親父
「Aさん(元彼女)は
俺の昔の女と同じ所にホクロあるんだな~w」
母親
「何馬鹿なこと言っているんですか…」
オレ
「ちょ、変なコト言うのをやめろよw」
彼女
「へーwそうなんですかww」

最初はこんな感じで終わると思ったのですが、
その日は親父は結構続けてきて

親父
「いやな、目元とか顔立ちもよーく似ているんだよ
もしかして、Aさんのお母さんって
○○の○○出身だったりしないか?」
オレ
「どんだけ食いつくんだよww」

そう俺は笑っていたのですが、
彼女は表情が少し驚いて固まっていました

オレ
「へっ、どうしたのAさん?」
彼女
「・・・あ、いや。
その確かにお母さんの出身地だなぁーって」
母親
「まぁ~wごめんなさいね、失礼なことを」

ただ彼女の表情は和らぐことがなく、

彼女
「・・・あのね、
ウチのお母さんも俺さんのことを」

彼女母
『昔の男と同じ位置にホクロがあるし、
少し似ているんだよね…』

彼女
「・・・って。
ただ名前は違うし、違うだろうけどとは言ってたけど」

もう此処らへんから変な胸騒ぎが止まらず、
一生懸命話題をそらそうとしました。

親父
「…………もしかして、
Aさんのお母さんの名前は○○さんか?」
彼女
「……はい」

何かがはじけたと言うか、
パニックじゃないけど冷静な状態で騒ぐというか、
俺はそんな感じになりながら、
話を変えようとします。
ですが、日頃お花畑思考の母親ですら
真剣な顔をしているんです

俺の嫌な予感は的中したな、と思ってしまいました。

そう言うのにも理由がありました。
父親はバツイチでした。
30の頃に結婚。当時は有名な某銀行の支店長。
かなり多忙な日々ながらも、
僅かな間にめいいっぱいの贅沢と
デートをしていたとよく言ってました。

ただ結婚後、
仕事と妻との間に理解を深めることができず、
その妻が父親つながりで知り合った
会社員(役員?)と不倫の関係になり、
31でスピード離婚。

たしか、まだ生まれたばかりの子供がいたと聞いています

元々30までの間に仕事一筋だったため貯金があったとか、
バブルを巧く生き抜けていたとかで、
現在もでかなりの資産をもっていると思います。

なので、この先で
変な腐れ縁や面倒な目に会いたくないと、
かなりの額を一括で払い、
ただ、やはり養育費がらみの問題で5年間払った
(かなりの額+かなりの額)そうですが、
急に音沙汰がなくなったと、
それから3年後に
俺が生まれたと言う話を聞いていました

母親
「……偶然でしょう~、
私も食べた覚えがあるケーキを
食べてなかったこともあるし」

ここで母親がお花畑トークを炸裂させましたが、
父親も彼女も唸って唸ってすごかったです。

彼女
「……そう言えば、まだお互いの両親と両親を
会わせたこと無かったですよね?」
オレ
「や、いや、そこまで気にしなくてもいいじゃない?
こんな酔払いの話真に受けなくても」

彼女
「オレ君には黙ってたけど、
私、本当のお父さん知らないんだよね。
お母さんもお父さんも「死んだ」と教えられてきたけど、
幼い頃にそれっぽい人を見たことがあるし」

なんか、全てが終わった音と言うか、
周りの音が聞こえなくなりました

彼女が言うには、いつか、自分が連れ子であることを
俺に伝えなくてはならないと感じていたそうで
でも嫌われる(昔イジメられたとかで)のが怖く、
喋れなかったそうです

オレはとっさにエイプリルフールだと気が付き、
そのことを振りましたが
どうでも、彼女も父親も黙り込んだ様子。

頭の中では、
何故かビートたけしがドッキリの看板を持って
我が家に突撃してくるんじゃないかと期待したり。
とにかく意味不明で暴走していました。

そうこうしていると、
彼女の母親さんがやって来ました。
事前に彼女から話を聞いていたとは言え、

父親「……久しぶりだな」
彼女母「そうですね……」
顔を合わせた瞬間にそんな言葉を交わしました。
そのまま父親は顔を伏せ、

母親が「こんばんわ~、こんな夜分に」と
短く挨拶をすると
「明日もう一度、ちゃんとお話しましょうね^^」と
お花畑トークを炸裂。

彼女母は「はい、あとからご連絡します」
母親「いえコチラからしますよ」と、会話

その後、彼女母は頭を下げてあがり、
俺の横にいた彼女の手を握ると
俺の顔を見て「ごめんね」と言うだけで
連れて行こうとしました

スポンサーリンク

オレは「まってください。まってください」としか言えず、
まったところで何なんだと
彼女も何も言うことなく、
少し申し訳無さそうにこっちを見た後、
車に自分から乗り込みました。

結局、彼女と彼女母は
10分もいない間に帰ってしまいました。

人生で初めて、
背中から吊るされていた糸を切られた人形のように、
ガクリと地面へ倒れこみました。
その後、俺の泣き声を聞きつけた
近所の人や母親に慰められながら
家に上がったのを覚えてます

そのままムシャクシャして2ちゃんねるで
ふざけたスレタイのスレを立てて叫んだりしたり、
誰かに慰めてほしかったりしたのですが、
エイプリルフールなので世知辛く。

その日の晩、母親が指定したレストランの個室で、
両一家集まり、短く話し合い
正式に俺たちの破局が決定しました。

「血が繋がっている以上、結婚できないだろう」
って言葉が一番の決め手だったと思います

日頃お花畑で40万の壺買ってくるような母親が、
ビシビシと切り込みながら、
見事な司会者を務めていることをばかりを気にして、
現実逃避していました。

ちなみに向こうの両親の正体は結局。
彼女母:親父の元妻
彼女父:当時の不倫相手
彼女:母親違いの姉

最後に二人っきりの時間がほしいと俺から申し出て、
近場の思い出の場所へ行き、
彼女に渡せなかった指輪を無言で渡して互いに泣きました。
落ち着きを取り戻したあと、最後に話をしました。

元カノ
「まさか指輪を用意しているとはね―」
オレ
「まさかこんな事になるとはねー」
元カノ
「……次の良い人、早く見つけな」
オレ
「こんなブサイクと
付き合ってくれる人なんて…難しいです」
元カノ
「私のほうが難しいって。もう30近くだよ?」

その後、「なんでこうなったかなー」
って言葉を最後につけて、
何かいろいろ話をしました。

オレ
「まあ、ヤケに気が合うとは思ったけど、
まさか姉だったとは」
元カノ
「こっちこそ、まさか弟だったとは」

元カノ
「まあ……、これからは清き姉弟であろうっ!ねっ!」

いつものように明るく振る舞って、互いに笑って、
ハッキリと別れました。

別れたとはいえ、会社が同じなのでねぇ…
そりゃ一週間胃が痛かったです
ただ、元々オレから見て
先輩の立場であった姉は、上に掛け合ったらしく、
気が付いたら転勤していました。
本当に急な転勤だったので、
同僚も職場のバイトも驚いています

表向きには、互いに喧嘩して別れたとは
言っているのですが、
上司はが昨日突然酒に誘い、
そこで姉自ら転勤を申し出たのだと知りました

「俺の心境を考えての行動だろうから、
しっかりオレ君はがんばれよ」っと。
この上司は真相を知っているのかどうかわからないですが、
恐らく知っているのでしょう。

父親からは、何度も申し訳なかったと言った
しかし、現在居る県と
彼女母が元々住んでいた県はかなり離れているため
「本当に互いに運がなかった」としか言えない状況です。

お花畑の母親は
「すごいね!こんな出来事あるんだね!」と。
あの日見せた顔を隠し、お花畑の母親に戻りました。

長くなりましたが、
ここで愚痴を吐かせてもらいます
リアルじゃ、こんな愚痴吐けないので。

たぶん、上司が言っていたのですが
「別れ話は、こういう問題は、
自分で乗り切るしか解決方法はない。
慰めの言葉はない」なので
慰めの良い言葉はないんだろうなーって思います。

友人はそんなに居ないので……
ほとんど彼女と遊んでばかりいました。
ゲーム的な意味でも、デート的な意味でも。

一応、指輪は投げ捨てないでよかったですw
しっかりと渡せて反応を楽しめたのでw
喪失感は、
その時のことを思い出すとほんわかとなります。

両親に関しては本当に。
むしろ、運命のイタズラってこういうことだなぁーと

向こうの母親は名前を変えていて、
不倫相手……と言っても
名字ランキング上位の名前ですしね。
父親は気がつけなかったと思います。

こっちは父親が母親の名前を継ぎました。
(今の名前:その家の長女だった)

まあ流石に互いに仲良くしていたとはいえ、
両親の、ましてやそんな話しませんからね…

姉も
「もっと連れ子だと早く打ち明けていたら、
こんな気持ちにはならなかったのかな」
と言っていたのを思い出しました。

元々浮気した側なので
お金はある程度我儘言えない立場だったらしいですが
父親がガッツリと渡したそうです。腐れ縁が嫌なので

その後、向こうの母親が
「この先、もらい続けるのは嫌だ。申し訳ない」となり
父親も娘に会わなかった
(会わないほうがその子の為になると考えていた)ので、
突然音信不通、そのまま、
弁護士に相談なりしたけど問題ないだろうって
話になっていたとか

あんまり詳しくないので色々言えませんが、
双方そんなに悪い人じゃない気がします…
良い思いがあるのでそういうのかもしれませんが

壺も驚きましたが、
かわいい犬がいたといって
タヌキ拾ってきたりしますからね…

昔からどこか気が抜けている母親なので、
あの日は本当に驚きました。

最初はお花畑の母親が焼き肉を始めたのですが、
なんか次第に気にならなくなりましたw
BBQもしましたしw

向こうの両親とも焼き肉をしていましたしねw
父親がよく買ってくるんですw

切ないと言うか、胸が締め付けられる思いは、
本当に胸が締め付けられる感覚するんだなと、
知りました

母親がほんわかしてて確かに救われます。
空気読めないじゃないけど
憎めないみたいな人なので・・・w

父親との出会いも、母が自分の忘年会と間違って、
父親の方の忘年会に参加して、
父親がフォローしながら最後まで乗り切ったことから、
とかが始まりでしたし。

タヌキは、生息地域調べてそこに還しましたw

スポンサーリンク