私が生まれる前からずーーーーっと切れ目なく浮気し続けた人

父(と呼ぶのさえ抵抗があるが)は
私が生まれる前からずーーーーっと切れ目なく浮気し続けた人。
そんな父を母はずっと許し、待ち続けてた。

離婚を考えたこともあるらしいが、好きなんだって。
バカでしょ。なんでこんなに好きなんだろうって涙ポロポロ流してた。
小柄で素直でとってもかわいいオバチャンだった母。

スポンサーリンク

かわいいオバアチャンになる筈だったのに、
5年前、あっけなく癌で逝ってしまいました。
見舞いに来た父のバッグの中には避妊具が箱まま入ってました。
一生奴を許すことはないと思います。

ご主人を好きでいられるのはとっても素敵な事だと思います。
でも、好きっていう感情が、浮気相手やその他モロモロに対する
対抗心や執着心と混同してなければいいなぁって思います。
私の母の場合、そうだったんじゃないのかなって思うから。

父の浮気性を打ち明けられたのが死の1年前で、
それまで母は誰にも言わずにひた隠しにしてました。
もっと早く相談を受けていたら、
受けられる位私が大人だったらって悔やみきれない気持ちです。

スポンサーリンク

実際目の当たりにしたら絶句・・・・でした。
お見舞いの方々からの包み(金封)を母が父に預けたものの、
ジャケットの内ポケに入れたまま、
またそのジャケットを無造作にベッドにかけたままだったので、
封をバッグに入れといてって母に言われて。
アタッシュケースを開けて、
小さ目のポケットを覗いた瞬間ドン引きしました。

買ったばっかりなんだろうけど、んなに沢山いるのかよ。
ホテルに常備してあるだろうよ・・・・orz の世界
母には何も言わずにバッグを閉め、その後も何食わぬ顔しておきましたが。
結局、半年の闘病生活の間、奴が見舞いに来たのはたったの5回でした。
そのうち、1回は意識不明の危篤状態。

それでも奴が来た時には、
毎日行ってる娘達に見せないような嬉しそうな顔してました。
それが悔しくて悔しくて。

死後見つかった母の手帳に

「このまま死んでしまうのは悔しい。むざむざ○○(浮気相手の女)を
喜ばせてやるなんて悔しい。 絶対に生き残る。元気になる。頑張る」

って。
母の悔しさ、私と妹の悔しさも
どうすればいいのかわからないまま、
あれから5年も経ってしまいました。

奴とその当時の女はいまだに続いているようです。
あの世へ連れていってくれないかスィラ

スポンサーリンク