彼女にばかり仕事をさせすぎだ、もっと皆で分担するべきだ!

私の父が体験した衝撃的なこと。

かなり昔、父が高校を出て就職したばかりの頃、
職場にとても物静かで真面目な、父より5歳上の女性社員がいた。

他の社員は5時でさっさと帰ってしまうのに、その人だけは
いつも遅くまで残って残務整理や道具の手入れをし、
時には他人のやり残した修繕まで引き受けていた。

スポンサーリンク

父はその女性社員のことを偉いなと思うと共に、
彼女一人に仕事を押し付けている他の社員に
憤りを感じていたが
さすがに先輩相手では言いづらい。

さらに自分が手伝うにしても
まだ新人でできる仕事が少ないので、
ほとんど手伝えなかった。

スポンサーリンク

ある日、父が倉庫を片づけた後で
大分遅くなってから職場に戻ると
例の女性社員がまだ残っていて、
一人で重そうな荷物を運んでいた。
か細い身体で一生懸命に働いている姿を見て、
父は居たたまれない気持ちになった。

翌日、父は意を決して朝礼の場で

「彼女にばかり仕事をさせすぎだ、もっと皆で分担するべきだ、
昨日もたった一人で荷物運びをしていて可哀相だった」

ということを発言した。

まだ18歳の父にとっては、
これだけでもかなり勇気を振り絞った行動だった。
それでも課長をはじめ皆は神妙な顔で聞いてくれていたので、

「思い切って言って良かった」

と父もホッとした。
数日後、その女性社員は会社の資材を持ち帰って
横流ししていたことが発覚して解雇された。
あの重そうな荷物もその一部だったらしい。

スポンサーリンク