数年前の事なんだが、
登場人物は一人を除いて幸せになってます。

弟が当時付き合ってた彼女にプロポーズした時の話。
無事OKを貰って、結婚したら…と
二人の生活や将来の子供について彼女と話し合いをした。
弟は「しばらくは二人で、家計は折半でそれ以外はお互い自由、
家事はお互いができる時に」と提案したそう。

でもその時に彼女さんは「家計は折半でもいいけれど、
1つの家族として収入や支出、貯え、
つまりお金の在り方や流れを家族として明確でいたい。
私も全部見せるよ」と提案。
でも弟はそれに反発。俺の金目当てなのか?とか、
貯金?保険?何か企んでる?コワwと言ったらしい。

スポンサーリンク

それを聞いた彼女さんは

「結婚はできない。
私の考え方は貴方には合わないし、
無理にどちらかが合わせても、
いつか何かの拍子で不満や不信感が出る事になるだろうから」

と言って別れを申し出た。
その後何回か話し合いを重ねて、
一時期「お互い歩み寄る」的なニュアンスになったんだけど
結局破談になった。

なんで弟はああも頑なだったのか。
弟は自営業なんだから、それなら奥さんになる人は
夫の収支・支出とか保険とか蓄えとか、
心配になるじゃないか。

スポンサーリンク

現実的に現在の状況と今後の展望も
明確に疎通出来ていた方が、奥さんもサポート体制を準備できる。
しかも元彼女さんは経営者の娘だから、
彼女のお父さんの事業がなぜ一代で大きくなったかを考えたら、
それを見て育った彼女の背景を考えたら、
彼女の考えもわかると思うんだが。

弟から彼女と結婚したいんだよね~と聞いた時に

「彼女が時間がある時に俺の仕事手伝うって言うし」

と聞いた事があって、お互い仕事に関して
分野が重なってるから

「将来は二人三脚で行くんだろうな」

と思っていたのに。

でもそれも数年前の事。
昨日地元の商店街を歩いてたら、
別の人に嫁いだ◯◯さん(元彼女さん)が、
掲示板に会社の年末特別販売のポスターと
謹賀新年のポスターをサイズ違いで2重に貼ってるのを見て
久しぶりに思い出した。時短かw頭良いなぁw

男は女はという事ではなく、
生涯のパートナーとスタートラインに立った時に、
自分の責任や誠実さは半分、相手からの
愛と義務は100で換算してんだなと思ってね。
そんな考えで苔生すまでなんて到底無理なのにね。

弟、最近糖尿になったから。
PC前に座りっぱなし系自営業だから自分で意識して
食事や運動するべきなのに、全く出来てないからね。
お金は稼いでると思うけど、結婚が難しくなる理由が増えていく・・・。

スポンサーリンク