いつか本当のお母さんが迎えに来てくれる、と思っていた

私は3才下の妹と二人姉妹。
私は父親そっくりで、
見た目が残念な子と母に言われて育った。
母は妹を可愛がって褒めて、
私はダメな子扱いで叱られてた記憶しかない。

ある日、一人で留守番をしていて暇だったので
押し入れや納戸の中にしまい込んだおもちゃを見つけようと
探し回ったら立派は表紙のアルバムを見つけた。

スポンサーリンク

父と綺麗な女の人との結婚式の写真だった。
この女の人は誰?もしかして私の本当のお母さんなの?
妹ばかり可愛がって私は叱られてばかりなのは
お母さんの本当の子じゃないから?
でも両親に問いただせないでいた。

その後、もうじき私が小学生って時に
父の浮気で母が実家に帰った。
妹だけ連れて行った。
ああ本当の子じゃない私は置いていったんだと悟ったよ。

暫くして母は妹を連れて戻ってきた。
継子な私は一線を引いて母と接した。
甘えちゃいけない、本当のお母さんじゃないし。
いつか本当のお母さんが迎えに来てくれる。
その時に良い子でいよう。
本当のお母さんに喜んでもらえるようにと、
いろいろ頑張った。

自己評価が低い子だったけど小学校に行って過ごすうちに
なぜか勉強トップクラスで表彰されまくりで
弱者に優しい子だと周囲に高評価された。
でも母は私が褒められると
決まって私sageな事を言い出し妹ageな自慢をした。
もう悲しくも何ともなかったけどウザかった。
時々、アルバムを見て早く迎えに来てと話しかけていた。

スポンサーリンク

あれは忘れもしない小5の冬。
母と私はコタツにあたってた。
母はピンクの可愛い毛糸で妹のセーターを編んでた。
私には可愛い色が似合わないと茶色のセーター。

なんかプツンと気持ちが切れた。
母に淡々と聞いた。
『お母さんは私の本当のお母さんじゃないんでしょ?』
『だから私が可愛くないんでしょ?』
『私の本当のお母さんは何処にいるの?』

母は目をまん丸くして
『何言ってるの?あんたは私の子だよ』

私は押し入れからアルバムを持ってきて母に見せた。
『この人が私の本当のお母さんでしょ。今どこにいるの?』

暫くの沈黙の後に母が言った。
『これ私』

白塗りで人相変わっていただけで母だったw
ショックでその後に記憶が数ヶ月曖昧ないんだよね当時の私ww
継子だから意地悪される、叱られる、
放置気味なんだと思ってたから耐えられてのにさー。

もう半世紀生きてるし生き死に関わる事もあったけど
実母だったとわかった時以上のショックってないわw

一人で悲劇のヒロインぶってプゲラ状態だったっぽいなあ。
記憶が曖昧なもんでw

妹も私をバカにしてた。
自己愛性人格障害のまんまだよ母と妹。

今は私は旦那と子供に恵まれて幸せ。
でもまだ笑い話に出来ないから吐き出しました。

スポンサーリンク