中学2の時に、親友だった子がナンパされた人と駆け落ちした。10年後に

中学2の時に、親友だった子(A子とする)が
街でナンパにあって
大人の男の人とこっそり付き合いだした。

今から考えたら、中2のガキンチョなどナンパする男など
碌なもんじゃないって判るけど、
当時は半端に大人な行動に憧れていた時期で

スポンサーリンク

「大人の恋人いる私って凄い」

と 酔っているA子に

「大人の恋をしているA子ってカッコイイ!( ・∀・)イイ!」

と単純に応援する お馬鹿コンボで、
A子が危ない相手に引っ掛かてるという
認識はなく、却って、急激なA子の変化に心配したA子母が私に
「心当たり」を聞いてきた時にも、
「親友の恋を応援する健気な自分」のノリで
A子の彼氏の事は隠し通した。

で、A子を心配したご両親が、
A子の行動を監視しはじめたとかで、
夏休み前にA子から

「親がウザくて彼と会えない、彼が一緒に逃げようと言うので、○日の夜に家出する事にした」

スポンサーリンク

と 打ち明けられた時にも、心配な半面

「駆け落ちだなんて、スゲェ!∑(゜∀゜)」

という浅はかなwktk感で、A子の計画をご両親には話さなかった。

結局、A子はその予定日に家出を決行してしまい、
当時は携帯もメールも
ない時代だったので私への連絡もなく、
そのまま行方不明になってしまった。
(行先までは聞いていなかった)

A子が見つかったのは10年後で、自殺後、
数週間経った状態でだった。
お焼香にA子宅に寄せてもらい
(遺体の損傷が激しいので告別式等は無かった)

お母様に

「A子は金髪になってガリガリ、薬で骨もボロボロだった」

と泣き崩れられて もし自分が一言、彼氏の存在や、家出の話を
ご両親に話していればと 当時の自分を殴ってやりたい気持ちになったよ。

A子ご両親は私もA子を不幸にした、一種の共犯だとも知らずに
今でも、私が実家に戻った時に顔を出すのを楽しみにしているので
この事は墓場まで持っていくつもりです。

スポンサーリンク