DQN「オジサンお金貸してちょーだい」友人「おまいらに貸す金など無い」

某地方都市の夜の盛り場での事
リーマン友人と2人で飲んでいて
三軒目のショットバーへ行こうと路地裏へ入ったとき
ヤンチャそうなニーチャン2人とネーチャン1人の3人組に声をかけられた。
決まり文句なのか女が

「オジサンお金貸してちょーだい」

と、とても借手とは思えない態度で
なれなれしく近づいてきた。

当然無視して前を通り過ぎ様としたら
「無視すんなよ、5千円でいいからよ」と男Aが更に
しつこく付きまとってきた。

スポンサーリンク

オレは無視を決め込んでたが
友人はアルコールも入っていたせいか

「おまいらに貸す金など無い」

と相手をしてしまった。
すると男Bが

「じゃあ強制的に貰ちゃおうかな」

と言いながらオレのカバンに手をかけてきて
Aも「おーれもー」と言って
友人へ飛びかかっていった。

奴らはAが身長180位Bも175位のスラリとした体形、
コチラはと言えばオレも友人も165位で
グレースーツに黒いバッグのおもいっきりショボいリーマンの格好。
オレは格闘技経験ゼロ、友人も何かやっていたとは聞いていない。

スポンサーリンク

カバンを掴まれた俺は盗られまいと必死に抵抗したが、
Bの力も強く引っ張りっこになってしまった。
ついにオレは力尽てカバンを離そうとしたそのとき、
Bの背後から友人の足が飛んできてBの足を
払う形で蹴りが入り、その場で転倒したBの横腹をさらに蹴った。
Aはというと既に電柱の側で腹を抑えながらうめいている。

残った女は

「私は関係ない、そいつらに無理やりやらされた」

などとほざいたので
友人はオレに合図をしてから

「ついでだ、やっちゃうか」 

オレも

「まっ当然の報いだな」

と言って
おびえているの女の方へゆっくり進み二人で

「酔っててゴメーンネ!」

と首を右に傾けて精一杯の
かわいらしい声で(かなり無理があるが)言ってやった。

俺達は泣き崩れてその場にしゃがみこんだ女と
転がったままのA、Bを後にしてバーへ向った。
オレは友人が無傷なのを確認しどうやったのかと聞いたら、
なんでも3年ぐらい前からダイエットを
兼ねて実践空手を始めたのだと言ったが、
今晩の事は奥さんには内緒にしといてくれと頼まれた。
ちなみに「酔っててゴメーンネ!」は
学生の頃から酔って2人でやっていたくだらないギャグ。

スポンサーリンク