年末のスーパーで、万引きした爺さん「警察を呼べ!」私『じゃあ呼びます』

数年前の年の瀬に私がバイトするスーパーでも
似たようなものを盗んだおじいちゃんをつかまえた

盗んだのは乾電池と豆乳だったっけ?
なんかそれくらいのもの
少額だし、私の店では初めて捕まえた人だったので、
お金払って家族に連絡してくれたら解放するよと言ったら
「お金ないし、家族もいない」と空の財布を投げつけられた

「さっさと警察を呼べ」と怒鳴られて、
そこまで言うなら呼びましょう・・・と警察に通報したら
「ああその人ですか」というリアクションでナニソレ状態

警察が来て連れて行ってくれた時に
ちょっと話を聞いたんだけど、
おじいちゃんは家がない人らしい
それで寒さが厳しくなると近隣のスーパーで万引きして、
ちょっとの間だけ警察のお世話になるんだそうだ

今でこそ「ああよくある話だね」と流せるけど、
当時は他人様に迷惑をかけたあげくに
税金で生活しようだなんて図々しいやつだと
憤慨したもんだ

結局、どういう流れになったは知らないけど、
おじいちゃんは起訴された(うちも被害届出した)
電池やら豆乳やらでどれだけの罪になるのだろうと思って、
法学部の弟連れておじいちゃんの裁判の傍聴に行った

スポンサーリンク

裁判で明らかにされた盗品・・・
電池、豆乳、新聞、消しゴム、パンなどなど
100円~300円くらい物ばかり
それで懲役○年というのになってびっくりしたよー

一緒に行った弟から累犯窃盗というのを聞いて、
ああそういう仕組みなんだと納得
あとあのおとなしそうなおじいちゃんが
前科二桁というのにもびっくりした

裁判でその前科の内容が説明されてたけど、
どれもこれも今回のと同じような件だった
少額窃盗で前科二桁って、実はよくあることらしい・・・
なんて世の中だ

スポンサーリンク

一応補足しておくと、
累犯窃盗っていうのは窃盗罪で
過去10年に3回以上懲役刑になったが
また窃盗やった時に適応されるものだそうです
懲役3年以上っていう、結構重い罪になります

その裁判の少し前に
殺人で懲役5年というのを見たばかりだったので、
殺人と変わらんやん!と驚きました

スポンサーリンク