教育委員会の前で「このクラスは地獄です」

小学1、2年の時の担任(女)が最低な教師だった

生徒を露骨にひいきする、
それもちょっとやそっとじゃない
気に入らない生徒は授業で絶対に当てず完全無視
それどころかクラス全員の前で個人攻撃、
さらに親兄弟の悪口まで言いふらす

毎日のようにクラス全員に
そいつの悪いところを告発させる吊し上げが行われ、
まさに恐怖政治だった

他の先生はそんな実態を知らなかったのか
見て見ぬふりをしてたのか、誰も助けてくれなかった

スポンサーリンク

俺は嫌われてる生徒の一人だったから毎日が辛かったが、
小学1、2年のころなんて先生は絶対だし、
逆らったりできなかった

そんな時、クラスで研究授業が開かれることになった
他校の教師や教育委員会の幹部やらの前で
授業をするってやつ

担任の恐怖政治のせいで
クラスは表向き落ち着いたいいクラスになってたから
選ばれたんだろう

授業は国語で、
教科書に載ってる話の感想文を何人かに読ませて、
皆で意見を出し合うっていう内容だった

教師にとっては一世一代の晴れ舞台。
その女教師も当然入念な準備をした
あらかじめ全員に感想文を書かせてきて、
よい出来のものを選んで当日指名することにした訳だ

俺は丸3日全力を傾けて
これ以上はないという感想文を書いた。
いやいや宿題をこなした同級生の文章と比べたら
群を抜いていただろう

いつも授業中は俺を絶対に指名しない女教師だが、
さすがに自分の評価に関わる研究授業では
少しでもいいところを見せたかったのか、
当日はこれを読むようにと言ってきた

スポンサーリンク

俺は勝ったと思った

そして研究授業の日がやってきた
教室の後方にはずらりと見学者が並び、
さしもの女教師も緊張を隠せない
生徒たちも何か失敗すれば
吊し上げられると分かっているだけに、
ピリピリとしたムードで授業は始まった

授業の中盤、ついにその時は来た
「次は、○○君読んでください」と言われて、俺は立った
手には、3日かけて書いた感想文…ではなく、
一週間寝ずに考えた告発文があった

「○○先生のせいで、このクラスは地獄です。
僕は、手を挙げて答えを言うともらえる
お花のシールをもらったことがありません…」

俺は先生のヒステリックな制止に負けまいとして
声を張り上げ続けた

ある子は家の苦しい経済状況を暴露されたこと
ある子は兄が高校中退の不良だとなじられたこと
またある子は病欠を仮病と決め付けられて
皆の前で土下座させられたこと…

同級生はみんな泣き出した
今までの辛い思いがこみ上げてきたんだろう
その泣き声が、俺の告発の信憑性を増してくれた

当然授業は中断。
女教師は狂ったように
「これはデタラメです!」と叫び続けてた
問い詰めようとする見学者と必死でなだめる
校長・教頭の揉み合いが延々続いてた

結局、女教師は担任外されて、
再教育?みたいな感じで
教育委員会のどっかの部署に飛ばされたらしい
その後、中途半端な時期なのに校長も変わった。
これが原因かはよく分からんが

俺はそっから小学校卒業するまで、
学校中の教師に恐れられて
ものすごく居心地が悪かったが、後悔はしてない

スポンサーリンク