クールな性格の姉は、私の結婚式に関してもそんなに興味なさそうだろうなーって思っていたら

私の結婚式の話。
父母のいない私は、姉だけが唯一の家族。
しかしクールな性格の姉は、
結婚式に関しても

「あんたたちの賄える範囲内で好きにしなさい」

と淡々としていて、そんなに興味はないんだろうなーと思ってた。

スポンサーリンク

当日、親族控室に行ってみると、
顔をパンパンに貼らした姉がいた。
前日から涙が止まらず、化粧もできなかったらしい。
ドレスを着た私を見たとたん

「こぉぉぉおんなにきれいになってうごぉえええぇええ~」

とうめき声をあげて号泣。
親戚がなぐさめようとするものの
「うぐ、うごごごごg」と泣き続けて止まらない。

そんな姉にお姑さんが感激してしまい

「絶対に、絶対に幸せにしますからぁぁぁぁ」

スポンサーリンク

と抱き合ってつられ泣き。
事情の知らない旦那方の親戚にも、伯父が

「学生のうちに両親が亡くなり、お姉さんが花嫁ちゃんを一人で育てたんです。
その苦労はいかばかりか……!」

と事情を話し、親戚一同もらい泣き。
その後、式でも披露宴でも姉は泣き続け、
ビデオをみると、「うぐ、うううごぉおおおごご」とうめき声が必ず入っている。
披露宴に呼んだ友達にも「お姉さんすごかったね!」と必ず言われる。

姉の姿に貰い泣きした人も多くて、
「情が薄い子だ」と思われていた姉は、
「苦労して自分を押しコロし、妹を育てたけなげな子」という評価に変わった。

本人は「いや、あの時はちょっとおかしかった」と照れていた。

そして、姉の泣く姿にドン引きして
涙を一滴も見せなかった私の評価は「冷たい子」に変わった。

スポンサーリンク