特殊能力で、金や銀のエンゼルのついたチョコボールを当てることができた友達のお姉ちゃん

友達(妹ちゃん)の年の離れたお姉ちゃんの話
特殊能力で、金や銀のエンゼルのついた
チョコボールを当てることができた

20年以上前だけど私が小学校低学年の頃、
妹ちゃんが
「うちにはチョコボールのおもちゃの缶詰がいっぱいあるよ!」

と学校で自慢した
男子に「うそつきー!」と言われて妹ちゃん涙目

スポンサーリンク

そして翌日、妹ちゃんはおもちゃの缶詰を3つくらい持ってきた
私は仲良しだったので最初に見せてもらった
前日に冷やかした男子達にドヤ顔で見せていた
そしたらめんどくさい男子が先生にチクって缶詰は没収
その後「本当に缶詰いっぱいあるもん!」
と主張する妹ちゃん

「知らない。学校に不要な物は持ってくるな!」
としか言わない先生
妹ちゃんをフォローして私が

「本当に見たもん!妹ちゃんは缶詰3個も持ってるんだよ!」

と主張しても、私もグルになってうそついたと責められた
悔しい思いはしたけど、所詮小学校低学年
深刻ないじめに発展することもなく
おもちゃの缶詰のことは忘れて日常に戻っていった

それから2カ月近く経った頃のある日
授業が終わった時に妹ちゃんが言った

「今から急いで帰っておもちゃの缶詰取ってくるから
校門の前で待ってて!」

そういってダッシュで帰って、
ランドセル置いて戻ってきた妹ちゃん、
おおきな袋を抱えている
自慢げにみせてもらうと、
中には大量の「おもちゃの缶詰」
あまりにたくさんあったので、
その場にいた女子はみんなわけてもらえた

妹ちゃんに事情を聞くと
「うちのお姉ちゃんはエンゼルの箱がわかるの!」と
そのままぞろぞろと妹ちゃんの家に行き、
中学生のお姉さんの帰宅を待ち
帰宅したところに頼み込んで一緒にスーパーに
お菓子コーナーでお姉さんが
「これとこれとこれ」と箱を3つ選んだ
レジを済ませて開けてみると、本当に銀のエンゼルが!

当時子供だった私達には正にイリュージョンだった
前回学校で没収された上に、
妹がうそつき呼ばわりされて
それを聞いたお姉さんはブチ切れて
チャリで行ける範囲のスーパーを巡り
エンゼル付きのチョコボールを大量に買い占めて
マッハで応募し2カ月後に大量の缶詰を入手したそうな

翌日、早速学校で話題に
授業後は10人くらいで妹ちゃんの家に行き、
またお姉さんを捕まえて昨日と別のスーパーに

「これとこれだけ、あとは外れ」
2箱だけ持ってお姉さんはレジに行き
みんなで開封すると、銀のエンゼルが2つあった

お姉さんの話は学校で有名になってしまった
姉妹のお母さん経由で、エンゼルのオーダーが入る
「兄弟2人だから、缶詰2個分のエンゼルがほしい」
「うちは3人だから缶詰3個分」と続々と依頼が入り
キリがないので、「各家庭子供1人あたり1缶まで!」とルールを作り
姉妹のお父さんの休日に車を出し
家族で県内のスーパーというスーパーを回れるだけ回って
大量のエンゼル(ほぼ全部銀のエンゼルで、
金のエンゼルはなかった)をゲットした

その後各家庭にエンゼルは配られ
当時その小学校の同学年(2クラスしかない)の大半
その姉妹の近所の子供のいる家庭
ほぼ全員がおもちゃの缶詰をゲットしてた

お姉さんは当時中学1〜2年生で、
おもちゃの缶詰に興味がなかったみたいで
凄い凄いと騒がれても「こんなガラクタほしいの?」
と冷めた対応だった
ちなみにエンゼルを配られた家庭の多くに
「お父さんが森永の社員」だと思われていたみたい
実際お父さんは全然関係ない業種(建設会社経営)だったみたい

ちなみに当時のおもちゃの缶詰は
缶詰自体が缶ではなくて厚紙を巻いて作った筒で
上下の蓋のパーツがスチール製で、
上の蓋は穴が空いてて貯金箱になっていた
今の500mlの缶ビ‐ルくらいの大きさだったかな
中身はちゃっちいプラスチックの定規とか
よくわからないキャラのマスコットとか
グリコのおまけみたいな簡単な
組み立て式の小さなおもちゃが入ってた
今思えば結構ガラクタかもw

私がスーパーで見た限り適確率100%で当ててたけど
「パッケージの色が違うんじゃない?」と子供達で見比べたけど
パッケージの色の濃さとかも特に違いはなかった

あのお姉さん、アラフォーくらいだけど
普通に結婚して普通に主婦してるんだそうな
ただ、結婚後にお姉さんが住んでる実家
(妹ちゃんは結婚後はどっかに嫁いだ)に
高そうなベンツが止まってるんだけど、
もしかして宝くじとか当ててるのかなー

私も結婚して子供がいるんだけど
チョコボール見るたびに妹ちゃんのドヤ顔を思い出すw

俺の隣に住んでた病気の女の子がキョロちゃんが大好きで、
でも病気でチョコボールが食べられない
親がたまにチョコボール買ってくちばしみては
「当たらないねー」と言ってた
結局女の子は一度も銀のエンゼルすら当たらずに
他界してしまったな
その後すぐに俺が金のエンゼル引き当てて、
キョロ缶を仏壇に持っていったことがあるわ
もうちょっと早く金のエンゼル当てられてたらな
そのお姉さんが当時近くにいてくれたらよかったのに、
なんて思ってしまった

スポンサーリンク

私は妹ちゃんと仲良かったので、
スーパーは3回っくらい行ったけど
お姉さん、パッケージなんか見ないでホイホイ当ててた
一番前にあったことも、奥から引張り出したこともあった
「はい、これとこれとこれ」ってあっさり選んでたよ

あとドラクエわからない人には悪いんだけど
妹ちゃんの家にドラクエやりにいったら
お姉さんが優雅にソファーに
座ってて妹ちゃんがプレイしてた

ドラクエの街にカジノがあって、ポーカーができて
ポーカーで勝つとコインがもらえるんだけど
プレイしてるのは妹ちゃんで、お姉さんは指示を出して
「右、次は左、違うその右」って指示通りにカードをめくると
100%の的中率で勝って、大量のコインをゲットして
最強アイテムをやすやすと手に入れてた

ついでに書くと、
カジノじゃない普通のシーンでプレイしてて
はぐれメタルとかメタルスライムが出てくると
妹ちゃんがお姉さんにコントローラー渡して代わってた
お姉さんがプレイすると、はぐれメタルが絶対逃げない

だからあのお姉さんは絶対なんか持ってる人だったよ

チョコボール以外にもマルカワの当たりつきの
10円のガムもよく当たってた
でも駄菓子屋に目をつけられて
買わせてもらえなくなったって聞いた

私はチョコボール以降お姉さんに興味ありまくりで
妹ちゃんの家によく遊びに行ってたんだけど
スーパーであんまりみない種類のチョコとかくれた
お姉さんにどこで買ったか聞いたら「内緒」って言われて
妹ちゃんから聞き出したら
「お姉ちゃんは毎日学校から帰ったらパチ行くんだよ、
でもお母さんには内緒」って

地元がパチ屋がたくさんある街で
お姉さんは高校生くらいだったけど、
帰宅後は毎日通ってるみたいだった

5年生くらいの頃のとある休日、
妹ちゃんと地元のミニストップに行った
子供だからお金なくて、お互いの全財産を合わせて
ポテトのSを頼んで半分こしようと相談しているところにお姉さん登場
「ポテト食べたいの?」って

「アタシ今ちょっと機嫌がいいから、おいで♪」
って言われて、妹ちゃんと一緒についてったら
なんとカラオケボックスに連れてってくれた
室内の電話で山盛りポテトを頼んでくれた

当時はレーザーディスクだったけど、
初のカラオケに小学生は感動しまくり
でも子供が歌える歌がほとんどないから、
アンパンマンのマーチとかアッコちゃんのテーマソングとか
私はひたすらアニソンを熱唱した

その後またどこかに連れていかれたと
思ったらデニーズだった
「上手に歌えたご褒美だよ」って言って
大きなパフェをごちそうしてくれた
正直言うと私の家は母子家庭で、
外食なんてできない経済状態だったから
人生初のカラオケと豪華なパフェをプレゼントしてもらえて
家に帰って思い出してお風呂でなぜか泣いた

妹ちゃんのお部屋にはキティちゃんとかケロッピとか
サンリオグッズがいっぱいあって
「全部お姉ちゃんが買ってくれた!」って言ってた
「私もお姉ちゃんがほしい・・」と言ったら
ドアがバーンと開いてお姉さん登場
「ちょっと出かけようか」って

そして近所のダイエーの中に入ってた
サンリオのショップに連れてってくれて
「好きな物買ってあげる」と言われた
私は恐縮してしまって、小さな消しゴムだけ持ってたら
「ちょっと早いけどクリスマスプレゼントだから」
とあれこれ勧められて、
妹ちゃんと二人で5千円近くいろいろ買ってくれた
お姉さんに買ってもらった
キキララのハンカチとペンは今でも大事に持ってる

でも高校生にしても絶対に羽振り良すぎた

今思えばだけど、その数年後のお姉さんは
大学生くらいだったんだけど
シャネルとかヴィトンとかいつも高そうなバッグを
持って歩いてて私達が中学高校くらいの時、
お姉さんは20代前半だったはずなんだけど
すごいでっかいアメ車とか、名前わかんないけど
高そうなすごく平べったいスポーツカーに乗ってた
妹ちゃんは中学入ったくらいで
周りがまだ持ってない時期にポケベルやPHSを持ってて
「お姉ちゃんの名義で契約してもらったし払ってくれてる」
って言ってた

自分が大人になってわかったけど
20代であんな車買えないし
当時はまだPHSだって通話代高かったはずだし
多分特殊能力を活かしてパチで稼いでたんだと思う

成人式で妹ちゃんに会って
「お姉さんまだパチ行ってるの?」って聞いたら
「もうからなくなったから止めたよ」って言ってた

話を戻して、おもちゃの缶詰を先生に没収された件だけど
3個没収されて、数日後に1個だけ返してもらったんだ
「あと2個は?」って聞いたら
「学校に持ってきちゃいけないものだから、
本当なら全部没収だけど、1個返してもらえて感謝しろ」
って言われてた

でも先生確か、生徒達と同じくらいの
年齢の子供2人いたんだよね
優しく注意だけしてすぐに返してれば
セコくくすねなくてもおもちゃの缶詰なんてどんどん供給されたのに
子供ながらにみんなで「先生世渡り下手だな」って思ってた

スポンサーリンク