朝のラッシュで超満員の準急電車がホームに。
人は降りるけど、さらにもっと乗るような駅で、
人の波がさっと降りた後
なぜかポケットに手を入れて、
肩肘張って悠々と降りようとしてる若い学生風の男。
田舎から出てきたばっかりのバカだったんだろうか。
都内の朝のラッシュ時に
「オレ様が降りるまで誰も乗れないんだぜ~~」みたいな
セコイ優越感?みたいなのが全身からにじみ出てる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ほんとにたらーん、たらーーん、
みたいな足取りで、わざとゆっくり出ようとしている。
周囲がほぼ同時に「こいつは無視していい」
と判断して、ドーーッと乗り込んだ。
当然、乗り込む人波に巻かれて
その場でクルクル回転するバカ男。
「降りるんだよ!降りる方が先だろ!」
とわめくバカを無視してどんどん乗り込む乗客。
真っ赤になってヒスってる男。でも降りられない。
なんかみんな、わざとそいつが降りるのを
妨害してるみたいだったw

やっとホームに降りた後、
振り返ってなんか文句つけようとしたらしいけど
ドアが閉まらない状況に駅員が駆け寄ってきてドア閉め作業。
ジャマ、とばかりに遠ざけられて無視。

私は次の電車に乗ろうと思って並んでたので、
全部見てた。
おもしろかった。

スポンサーリンク