切符は鞄の中に入れてもらってます。 出して下さい

新幹線を利用したときの話

俺の隣の席に中学生くらいの子がいた。
両手が使えない障害者なのに付き添いがいなかった

乗車券拝見で
「切符は鞄の中に入れてもらってます。
出して下さい」

車掌に言えよと思いつつ、
その子が肩にたすき掛けしてる鞄から出してやった

スポンサーリンク

饒舌な子で聞いてもいないのに、
いろいろ喋る

自分でやれるのに親兄弟が
全部勝手にやってしまうから
結果的に何もできないのが嫌で
1人でもできることを証明するために
周囲の反対を押し切って単独で親戚宅に行く途中だという

なんか誇らしげに語ってるけど、
正直それ周りが迷惑だよな。
俺、こういうやつ嫌いなんだ
あんまり関わりたくないから
聞き流してたら車内販売のワゴンが来た

スポンサーリンク

「お弁当とお茶を買いたいです。
お財布は鞄の中です」
販売員に言えよ。
というか。さすがに聞き返しちゃった

「代わりに買ってあげるまではいいけど
食べさせてあげるのは無理だよ。
1人で食べられるの?」

無言でガン見してきたけど
気づかない振りして、
それからはずっと窓の外を見てた
いくらなんでも見ず知らずの他人に
食事介護まで期待すんなよ
付き添ってくれる身内がいないなら
同情して手伝ったと思うけど我侭で突っぱねたんだろ?

俺も腹減ってたけどガン見されながら
喰うのもしんどいから我慢する羽目になった

駅でも自動改札だって誰かに助けてもらわないと
切符を通せないだろうのに
自分ひとりでできると思ってしまう神経がわからんわ。
自立心旺盛なのは結構だけどさ

スポンサーリンク