被災者可哀想。  地震体験者の私がその体験を生かして助けてあげたい。  でも、仕事もあるし私が居ないと職場回らないし、 いけなくてゴメンネ

職場での出来事。
ニュージーランドの地震があったとき、
そっちへ旅行行ってた職場のバカ女A
震災後すぐ帰国。多分地震発生直前に出国ぽい。

なのに、地震体験談を語るわ語るわ。
TVで見たと思われることをベラベラと。
報道されてない、
地震直後の身の回りの事とか聞かれると話をそらす。

スポンサーリンク

100%体験してないって確定してるわけでもないので、
みんななんとなくスルー。
段々収まっては行ったが、
思えばコレが良くなかったのかもしれない。

で、今回の大震災。
収まりかけた、地震体験談が再開。
怪しい体験談だけならまだマシだった。
震災後言い続けた事をまとめると、

被害者可哀想。
哀れなので地震体験者の私が
その体験を生かして助けてあげたい。
でも、仕事もあるし私が居ないと職場回らないし、
いけなくてゴメンネ
私さえいければなー、的確なアドバイス出来るのに。
助けられるのに。
本当に残念。仕事なければなー。
でも責任もあるしなー

文章にすると上手く表現できないけど、こんな感じ。
果てしなく上から哀れむ感じ。
流石に何人か注意した。俺もした。
でも脳内お花畑だから、
注意される→自分に出来ない僻み
→出来ることをすればイイヨ!
って脳内変換されて全然わかってもらえない。

最初は放置すれば静かになるかな、
って感じでスルーしてたんだけど、
今回の震災は、地震津波原子炉と
どんどん後から色々出てくるので収まらない
つど注意したりしてもバカには効かない。

スポンサーリンク

そんな中、ほぼ沈黙を保っていた部長。
面倒見はいいし物腰穏やかでハゲな部長
特に好かれも嫌われもしないどこにでも居るオッサン。
彼が先週金曜日に切れた。

怒鳴る訳でもなく、いつもと同じ口調。
でも明らかに力のこもった口調で

「じゃ、週明けから行っていいよ。
ボランティアしに行って。欠勤にはしない出勤扱いにする。」

あせったのはA。
仕事がある。みんなに迷惑掛けられない。
みたいな言い訳してた。

でも部長は
「仕事は気にしなくていい。どうとでもなる。
みんなが迷惑なら私がやる」

モゴモゴしてるA放置で総務のデスクへ。
総務も同じ部屋。騒動は筒抜け。
総務部長OK出す。
勤怠担当者は出張じゃなくてもいいですか?とか言ってる。

立ち尽くすA

で、昨日の月曜日。Aが親同伴で会社来た。
親曰く、
「ボランティア強要するとはどういうことだ?」と

W部長・A・親は話をするため応接室へ。

1時間くらいかな?出てきたAは泣いてた。
親は頭下げまくってた。W部長は若干困ってたぽい。

部長と仲のいいヤツが聞いてきた話だと、
Aから親に伝わった話は、
「会社からボランティア命令された」
それで親が切れて会社へ乗り込んできた。

応接室で、W部長から事の成り行きを聞かされた親は
どうもAは自宅でも「被害者可哀想私が助け~~」、
っていってたらしく、信じてもらえた。
親の怒りはAへ。
自分で言い出したことだボランティアやってこい、って。

W部長は本気で行かせるわけではなく、
口だけの態度を改めてくれれば
注意で済ますつもりだったって伝えるも、収まらないA親。
こんな状態だったらしい。

そして今日、Aから電話。来月10日で退職したいと。
明日だか、部長が面談するらしいがどうなることやら。

スポンサーリンク