嫁に来たときに了解を得て連れてきた私の猫を姑が遠くのホームセンター駐車場に置いてきた

嫁に来た時にちゃんと了解を得て連れてきた私の猫。

姑とコトメが勝手にどこぞ遠くのホームセンター駐車場に
置いてきたと報告された。

粗相もしない、人間が大好きで人を信じきった猫だったのに。
人前ではこんな利口な猫いないって言ってた癖に。
ただ単に私を傷つけたくてやった事なのは間違いない。

生き物を捨てる事は犯罪だと言ったら
コトメに「雑種でも?w」と笑って聞かれた。
旦那とそのホームセンターに行き3時間余り周辺を探したけど
もういなかった。

スポンサーリンク

その件で旦那が怒って別居に繋がったのは良かったけど…
そんな事で私の怒りが消えるはずもなく。
あれから2年。
コトメが連れてくる「愛されるために生まれてきた(コトメ談)」プードルちゃんに
可愛すぎるからw会うたびこっそりチョコをあげてる。
カカオの濃い奴を。

玉ねぎタップリのミートボールを作った時も、
あんま可愛いからこっそりお裾分け。
紅茶葉の入ったクッキーとか大好き。キャワイイv

「なんかヨダレがいっぱい出るの。」
「元気ないのよ。」

ってそんな悲しげに言わないでよ糞コトメ。
ほの暗い喜びに浸ってしまうジャマイカw

そうだね。反省はする気ないけど、
面倒だからやめようとは思ってた。
最初その犬を嫌ってたウトが、
だんだん可愛がるようになったみたいだから。

スポンサーリンク

コトメは1年前に流産して、
その時にウトがしんみりとした口調で、

「悪い事ばっかりやってるからバチが当たった。因果応報だな。」と

その場に私しかいない時に言っていた。
(心の底から賛成した)
ウトも猫を可愛がっていてくれて、姑とコトメには
何も言わないと言うか言えなかった人だけど、
実の娘がそういう状態にあっても優しい言葉一つかけずに
嫁の私にそう言ってくれ、その時、一秒一秒が憎いのと悲しいのとで
正気を失わないための戦いみたいな日々から
やっと片足だけ抜け出せた気がしたよ。

私の飼っていた生き物を殺しておきながら平気で

「あたし出かけるんだから面倒みて」

と押し付けていくコトメを見るとまだ殺意がわくけど、
そこまで信用してくれてるのにそういう事するのも嫌だなあと…
別に思ってなかったかも。

コトメまだ10代で(未婚だけど相手とは本気だったらしい)
お兄ちゃん子なのね。
別居当時は旦那が留守中は来ないよう厳しく言ってくれてたんだけど、
こうして2年近く経って、近くに住んでる事もあり元通りの仲になってきた感じ…
私にはかなり強引だった気がするけど。
どの道田舎だから行事のたびに挨拶には来てたしね。

やはりペット関係の縺れ話より兄妹の縁のほうが強いからね…

旦那が寝入ってるのでプードル見てくる。
プードルがもう少し可愛い顔してるんなら普通に面倒見る気になるんだけどね。

ではおやすみなさい。相手してくれてありがとうw

スポンサーリンク