もう多分最後ですので。あまり気持ちの良い話ではありませんが

もう多分最後ですので
あまり気持ちの良い話ではありませんが

私は24歳の時に、2つ年下の咲子という女性と結婚をしました。
私は両親を早くに亡くし、咲子も同じ境遇だったので、
お互い子供がはやく欲しいということで、私が就職して1年ほどで子づくりをし、
無事女の子が生まれ愛と名付けました。

とてもとても幸せでした。
私が入った会社は、給料はそんなに高くありませんが、
福利厚生がしっかりしており、学生時代からの貯金もあり、
それなりに裕福な生活を満喫しておりました。

愛が小学校3年の夏休み明けでした。
私が会社から帰宅すると、いつも出迎えてくれる咲子の姿がありません。
愛が心細そうにお母さん帰ってこない、そう呟いたことに動揺しました。
咲子はこれまで一度もそういった行動をとったことはありません。
たまに、友人と遊びに行くことはありましたが、
夕方には必ず帰っていて、連絡をかかしたこともありませんでした。

スポンサーリンク

心当たりの場所を探しても見つからず、
愛の食事と入浴をとらせて眠らせた後、
9時まで待ちすぐに警察に電話をしました。

警察の反応は、とても鈍いものでした。
30を超えた成人女性ですから、夜の9時ごときでおおげさな、
という反応だったのを覚えています。

翌日も、その翌日も咲子は帰ってきませんでした。
連絡もありません。
3日経ちようやく警察は行方不明として受理してくれましたが、
こういったケースは家出の場合が多いらしく、
あまり期待しないでくれと遠回りに言われました。

それからは、毎日が忙しく悩む暇もありませんでした。
咲子の笑顔を思い出しながら、頼れる親戚もおらず、育児と仕事。
仕事が終わってから、愛の世話をして、
それから会社の許可をとり、多少の副業をしながら、
咲子の行方を捜す依頼を興信所に頼む資金を稼いでいました。

しかし、結果は芳しくなく、あっという 間に10年が過ぎました。

40も半ばを過ぎ、娘の愛は短大を卒業し、
結婚したい相手を家に連れてきました。

誠実そうな相手と幸せそうな愛の笑顔を咲子に見せてやれないことと、
母親もおらずたいしたことも出来なかった父親の元、
ここまで育ってくれてことに涙がとまりませんでした。

私が壊れたのは、それから2カ月後でした。

結婚式の前夜、愛がぽつりと言いました。

「お母さんと会ってました」

愛の言葉に、私はかたまりました。
10年以上探してきた咲子と娘は会っていたというのです。

愛の告白は衝撃でした。
咲子は別の男性と家から30キロも離れていない場所で暮らしており、
今でも一緒に住んでいるというのです。

愛は涙を流して黙っていたことを謝罪しながら、
お母さんの恋を認めてあげて結婚式に呼ばせてと言い出しました。

私は言葉では娘を責めませんでした。

苦しかったね、よく言ってくれたね、言ってくれてありがとう、
もちろん結婚式に呼んでくれ

そう言った記憶があります。

それからは、ふわふわと夢の中にいるようでした。
久しぶりに再会した咲子は、年をとってもあいかわらず綺麗で、
緊張した様子で泣きながら謝罪をしてきました。

私は言葉では咲子を責めませんでした。

苦しかったね、よく言ってくれたね、言ってくれてありがとう、
幸せに暮らしていてくれて嬉しい

ふわふわと、夢の中の出来事のようでした。

咲子との離婚届けをだし、愛が出ていった家を売り払い、
私は生まれ故郷の山奥にひっこみました。
畑を耕し、鶏を飼い、たまに町に出て投資したお金の利益運用を
打ち合わせする生活をしていました。

1年後、愛から子供生まれたと連絡がありましたが、
おめでとうと電話で言い、祝い金を贈っただけで
会うことすらできませんでした。

これではいけない、自分の思い通りにならかっただけで、
娘の人生をちゃんと祝うことすらできないのはいけない、
そう思えるまで1年かかりました。

スポンサーリンク

娘に連絡をし、孫の顔を見せてほしいというと、
とても喜んでくれました。
私が投資した資金運用の打ち合わせの日に、
娘の家に行くことになりました。

そんなことを考えなければ、
壊れていただけですんだかもしれないのに。

打ち合わせに使っていたのは、半個室になったようなレストランでした。
その町の住人がお祝いの食事に使うことが多い場所でした。
私はそこで軽めの昼食をとっていました。
幸せだった頃、3人できた思い出に浸れる、唯一の場所でした。

隣に賑やかなグループが入ってきました。
家族らしきその人々は、私と同年代らしき夫婦と娘とその子供のようでした。
彼らがそこにいる。
咲子、愛、愛の娘、そして咲子が一緒になった男。

私はあまりの怒りに意識を失いそうになりました。
私の思い出の場所に、私を裏切った奴らが集まり、
楽しそうに家族としているのです。

ウェイターは私が気分を害したと思ったのか、
小さな声で宥めるように言ってきました。

騒がしくて申し訳ありません。

あのご家族は10年ほどから、
この日を当店をお祝いの為に毎年ご利用下さいまして・・・
大目にみていただけませんか?
よろしければ、お席を変えましょうか?

毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年年毎年毎年毎年毎年 毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年・・・

頭の中でその言葉が繰り返されました

毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年年毎年毎年毎年毎年 毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年毎年・・・

頭の中でその言葉が繰り返されました

この日は娘の誕生日です。
娘が毎年、友達がお祝いしてくれると、
夜遅くまで外出していた日でした。

娘は私を騙した咲子と一緒になり、私に嘘をつき、
咲子と彼女の愛した男性と誕生日を過ごしていたのです。

私はウェイターに、もう出るところだからという意味でカードを渡しました。
彼はプロらしく礼儀を守り、何も言わずに勘定をしてくれました。

私は店を出たところで、娘にメールを出しました。
店名を書き、行けなくなったこと

そして、二度と連絡をしないという内容を。

店を出て、信号を渡った辺りで大きな声が聞えました。

お父さんお父さんお父さん

泣き叫ぶような声でしたが、私は何も感じませんでした。
何度もメールや電話がかかってきましたが、すぐに解約をしました。
もう、二度と関わるつもりはありませんでした。
関わると一生懸命だった自分の間抜けな人生を想い出して、
正気ではいられなくなるからです。

それからしばらくは旅行を続けました。
家に帰ると、何度か咲子と娘が来た形跡があり、手紙が置いてありましたが、
全て読まずに捨てました。

私は全ての財産を処分して、海外に移住を決めました。
幸い、それなりに贅沢な余生をすごす資金はありました。

出発を目前に控えた先月の7日、
真っ青な顔の愛が家に来ました。

私は居留守をつかいましたが、
愛は泣きながら娘が血液の病気であること。
私が過去にドナー登録した結果と奇跡的に型が一致したこと。
おねがいだから助けてほしいと、玄関で土下座をしていました。

まったく心が動きませんでした。
あんなに大切だった娘が土下座までしていたのに。
あんなに大切だった娘が泣き叫んでいるのに、
何も感情が動きませんでした。

それから、咲子たちもきましたが無視しました。

今は羽田のホテルでこれを書いています。
投資を任せていた人から、話だけでも聞いてあげればと連絡がありましたが、
携帯を解約して関係をたちました。

私は親として失格なのでしょう。
娘の頼みを無視し、孫の危機を無視しているのです。

しかし、どうしても許せません。
私の人生を無視してきたあいつらを、どうしても許せません。

このようなくだらない告白を読んで下さりありがとうございます。

あいつら全員、苦しみ抜いて死ね

スポンサーリンク