〜前提〜
俺の彼女の話
彼女は極度の恋話嫌いなので俺と付き合ってることは周りに極秘、仲の良い幼馴染で通っていた

〜前提終わり〜
俺の彼女の金銭感覚は変わってて、
長く使うもの(鞄、定期入れ、衣類)は高い金をかけて使い古すんだが、
娯楽に入るものは最低限しかかけなかった
着飾るものが立派だけど中身が伴っていないってので、
学生の頃は馬鹿にする人が多くて、
中には「お前にこんなもんいらんだろ」と取り上げようとする人もいた

スポンサーリンク

ゲームと読書が趣味なのに「中古で出るのを待つ」と言って、
モンハンは3が出た時に投げ売りされた2を買い、
本は図書館でリクエストしてすませていた
周りは、流行りに乗り遅れて気づいてない人、
貧乏でモンハン3を買えず安かった2を3と間違えて買ったバカ、と言っていた

俺がそれを気にして新しい物を買おうとしたけど、
「別に今すぐしたいものでもない、2でなぜ楽しめないと思う?私はこれが楽しいよ」
とあっさり断られたうえ、
「私は私の楽しみがある、迷惑をかけているのでなければ周りに理解を求めるつもりはない、
私の行為はお前にとっての迷惑か?」とはっきりとした意思を示されたので、
本人が気にしてないならと俺もそれ以上なにも言わなかった

大学三年になったある日、4月生まれの俺の誕生会を開くって口実で、
全員二十歳超えたから飲み会しようぜってことになった
仲いい友達が誕生日プレゼント用意してくれることになり、
当日友達は皆でお金を出しあってワインを、彼女は名前が刻印された時計をくれた
その時計が結構な値段がするもので、

「これから就活も始まるから、仕事始まっても使えるものを選んでおいた」

と、どこにつけていっても恥ずかしくないものだった
けど誰かがボソッと「偽物じゃねーの」と零し、周りが同調しだしたんだ
「偽物だと思うなら徹底的に調べろよ!」と俺がキレ、友達も謝罪しろと迫ったが、
意地になった野郎がマジで調べて結局本物だと判明した
なのに周りは彼女に謝罪せず、盗んだ金じゃないのか、
とか言い掛かりまで付け出したので、それからそいつらとは関わりを断った
彼女は相変わらずどうでもいい、みたいな顔してたけど、
俺に高価な贈り物をしたので一部媚びだす人も現れたらしい

ある時媚びだした二人が彼女に「今月誕生日だし、時計ほしいなぁ〜」
とおねだり、彼女は「解った」と返し、翌日にはきっちり用意していた
1000円の時計を

「高い時計だと価値が解らないようだからね、価値のわかりやすいものにしといた」

とご丁寧に値札までそのまま、こっそりそばで見ていた俺と友人は腹抱えて笑った
それから一年後、彼女は銀行員という志望していた職をストレートで手に入れて、
即就活終了、それを機会に自分にたっぷり金をかけた
もともと整った顔立ちだとは思っていたけど、
くせっ毛にストパーをかけて綺麗にカット、化粧品も買い揃え、
メガネをコンタクトに変え、仲間由紀恵みたいに大変身して、
ブスだのダサいだの言ってた人らが羨むほどのスペックになっていた

スポンサーリンク

彼女とは裏腹に、周りは皆苦戦しながら就活、
俺も苦労して大手量販店で内定を一箇所決めたんだけど、
皆で内定噛み締めていると「その会社はやめときな」と彼女が唐突に進言してきた

多少ブラック気質はあるものの、名前を知らない人はいない会社だし、
就職先決まらないよりはと思ってたんだ
俺自身迷いもあったし、一晩考えて結局彼女の判断を信じ、辞退することにした
大手だけあって同じ科からそこに内定でてる人も多く、
彼女をバカにしてた人たちも結構内定をもらっていた
だから内定辞退した俺と、それを進言した彼女を拍車をかけてバカにしたし、
就活続けて苦しむ俺をあざ笑った
その後、俺はなんとか中小の別の会社に内定を貰った

それから5年たつが、俺の仕事は順調、会社も順調、彼女と結婚も果たした
一方、俺が内定辞退した会社に行った人たちは次々退職、
むしろ俺の学校からその会社に行った人たちは知ってる限り全員辞めていった
「なんであの時、お前と一緒に俺たちにも辞めとけと強くすすめなかったんだ!」
とキレられたが、彼女に「さぞ誇らしげに会社名言ってたじゃないか、数年夢見られて幸せだっただろう?」
と鼻で笑われていた

いくつか訂正させてほしい
友達は俺や彼女をバカにしたりはしてない、むしろ周りを諌めてくれてたよ

未だにファミコンから最近俺がお古であげ
たPSPまで全部現役で動くレベルで手入れして使い込んでる
今はポケモングリーンをゲームボーイでやってるが、
その前はファミコンのマリオブラザーズ3やってたし、
その前は確かスーファミのカービィスーパーDXと
ヨッシーアイランドとパネポンを態々中古品取り寄せてやってた
時間が経過してもう新しい物が手に入らなくなったようなものは、
特に大切にしてる

極妻なんじゃなくて、男口調かな?
この前一緒にぷよぷよやった時は
「よっしゃ12連鎖だぜ!」
「おいおい、そこは赤置くところだろ?」
「きたぜ、必サツハト麦茶ぁ!」
とかよくわからない声上げて楽しんでた

価値観は結構違うんだ、前はよく喧嘩してた
俺は趣味に金惜しまない派だから、読みたいと思った小説はすぐに買うし、
やりたいと思ったゲームもハードから揃えちゃうタイプ
だから真逆なんだけど、お互い常識のある範囲の金の使い方なら何も言わない
今では新しく物を買うときは嫁の意見仰いでるし、
中古品を買うときは逆に嫁が俺の持ってるゲーム機使っていいかとか、
本買うときは嵩張るから俺も読みたい物だけ買うように意見聞いてくれる

友達とも今でも仲良くやってるよー

価値観違う人を受け入れようとするのはなかなか難しいんだけど、
一度できるようになると世界観がぐっと広がって面白いんだよ
最近は新しい革靴を買いに行ったんだけど、
嫁は俺が考えてた予算の三倍もする革靴見てて、
「消耗品だしそんな高いのいらないよ!」と言ったら
「靴は消耗品だがあんたの足も消耗させてどうする」
って毎日四時間は歩いてる俺にぴったりな革靴を選んで買ってくれた
それまでそんな靴はいたこと無かったから、
初めてはいたとき、はき心地と軽さに感動したよ
頑張ってもっと幸せになるよ!

スポンサーリンク