【DQNリーマン】「なんだよオッサン!オメーには関係ないだろ!」 → 初老の男性「私はキミの会社の取締役なんだが」 → 結果www

先月末の夕方、東京から新幹線乗ったらアホそうなサラリーマンが

車内の座席で携帯でギャーギャー騒いで(怒り口調で)煩かった。

内容から仕事の話だろうが本当に迷惑だったが、ここで凄いことが起こった。

 

「うるさいぞ、黙れ。ロビーに行け」

 

とスーツの初老男性が注意したんだが

一旦電話を切ったDQNサラリーマンが初老男性に食って掛かった。

だけど初老男性はたじろぎもせず

 

「お前は何様だ、何処の部署だ!」

 

と意外な返答をした。

バッチから企業名がわかったらしいが、

DQNは

 

「関係ないだろと」

 

とますます煩くなった

で初老男性がイキナリどっかに電話掛けたと思ったら、

スポンサーリンク

 

「取締役のxですが、人事部長お願いします。」

 

と言ってる。

 

「あー、z君?

今さーうちの会社の若い奴が新幹線で周囲に迷惑掛けてるんだけど

名前がわかんないから出張中の奴、調べてくれない?

何なら本人に代わるけど?」

 

こっからDQNが青ざめた顔してイキナリ謝り出した・・・

 

駅で買ったビールを飲んでた事も、初老男性はきに食わなかったらしく

ロビーに連れてかれたが、あれは凄かったよ。

 

俺が名古屋で降りる時も帰ってこなかった

スポンサーリンク