中学時代に同級生が女の先輩に呼び出されていじめられていたので復讐した

子どもの頃の話で、本当にくだらないけど
思い出したので書いてみる。

中学時代、同級生のA子が女の先輩たちに呼び出しをされたり
いじめられるようになった。
その原因と言うのが、女の先輩グループの一人が
付き合っていた男の先輩B男に振られ、
理由を聞くと

「好きな子ができたんだよね。後輩のA子だよ」

と答えたから、というものだった。

スポンサーリンク

それが事実だとしても許せないのに、
B男は全然A子の事を好きだとかそんな感じではなく、
ただその場凌ぎにA子の名前を出した感じっぽかった。

そんな理由でA子がいじめ被害に遭った事が
許せなかった私は復讐を決意。
B男と私は偶然にも同じ分譲マンションに住んでおり、
私の父がマンションの理事会役員だったので
電話番号をすぐに手に入れ、復讐開始。

まずはいたずら電話。
事前に私の父からB男の親の仕事や大体の帰宅時間などを
聞き出していたので、B男しかいない時間を見計らってかけた。

「もしもしBです」

「もしもし!B男さんですか?」

「はい」

「あなたは、自分で自分のこと、ハゲていると思いますか?」

「…」

ガチャン

「もしもしBです」

スポンサーリンク

「ツルッツルの、ピッカピカ!」

ガチャン

「もしもしBです」

「うわぁ!眩しい!ハーゲ!」

ガチャン

「もしもしBです」

「B男さんいますか?」

「僕ですけど」

「あの、あなたハゲてますよ」

ガチャン

本当にくだらないけど、
不定期にこんないたずら電話をかけまくった。

B男はハゲというかデコが広いタイプで
それを気にしているとA子から聞いたので。

電話の録音をA子に聞かせると
涙を流して笑ってくれたので、私も少し溜飲が下がった。

が、まだまだ足りないなと思い、
某発毛促進で有名な会社にB男の名前で
資料請求しまくった。
伝え聞いたところによると色々大変だったらしいw

中学時代の話はここまでだけど、
その後SNSが出始めの頃、
地元のとある飲食店のコミュニティに入っていると、
なんとB男からメッセージが来た。

開口一番

「はじめまして!◯◯(店名)を知っているんですか?会いたいですね!」

だって。
中学時代の事に罪悪感を感じる事もあったけど、
B男が女好きで出会い厨なんだなとわかったので、
罪悪感はすっかり消えた出来事だった。

スポンサーリンク