娘の朝ご飯に何かと文句をつけているカス教師

数年前姉の上の子が小学校に入学した時の話。

姉の子は朝弱くて朝ごはんもあまり進まないタイプ
で、色々工夫した結果(市販品は添加物や油が気になるからと)
無添加なドライフルーツやナッツ、スーパーフードを使った
グラノーラバーを手作りして食べさせてた。
姉夫婦は共働きだったけどご飯もなるべく手作りで作りおきしたり
かなり食に時間も手間もかけてるほうだと思う。

スポンサーリンク

姉の子はグラノーラバーは
クッキーの仲間と認識してたみたいで
クラスで今日はちゃんと朝ごはん食べてきましたか?
みたいな担任との何でもない雑談の際に

『朝ごはんは毎日クッキーです』

と答えてしまったことを発端に担任から粘着されるように。
ちゃんとしたご飯を食べさせない親扱いを受け続けた。
連絡帳にも[今日も朝クッキーだったと聞きました。
朝ごはんは1日のエネルギーにうんたらかんたら]と書かれるし
直接会う機会があればもちろん口頭で
も朝ごはんちゃんとしてくださいね?
みたいな嫌味をネチネチされる。

姉は朝ごはんの事情は説明したんだけど
結局お菓子でしょ?それならシリアルでもいいでしょ?
とのリアクション(シリアルは添加物が気になる
プラス牛乳に浸けてしまうと食欲を失う、という子供の事情もある)
姉の子だけいつも朝ごはん聞かれてることを子供から聞いたママ友が
うちの子なんて今日はコンビニおにぎりでしたけど?
と姉を庇ってくれたこともあるが

スポンサーリンク

『おにぎりはいいじゃないですか~!姉子君のおうちも見習ってくださいね!』

とニコニコ返されたそうだ。
一年生に教えるのは上手だったし
基本的に悪い評判のない先生だったけど
その姉の朝ごはんへの執着ぶりに他の保護者も
『あの先生ちょっと変…』と思ってくれたみたいで、
(あとママ友さんのフォローもあって)姉や子供が周りに
悪く思われることはなかったからよかったものの姉の
心労は半端じゃなかった。
担任が変わるまでよく頑張ったなと思う。

担任に従っておにぎり食べさせればいいじゃんって
考える人もいるかも知れない。
でも散々色々なものを試して今の朝ごはんがいちばんちゃんと
食べてくれたって結果なんだよ。

何が神経質わからないって
朝ごはん食べて来ない子、コンビニおにぎりの子、
菓子パンの子もいたのに
シリアルもOKの認識なのに
なぜ姉の手作りグラノーラバーだけあんなに許されなかったのかってこと。
そして朝ごはんでそんなに執着されてる家庭は後にも先にも姉家だけということ。

その先生昨年度で異動になった。
書類で名前見るだけで胃がギュッとなると言っていた姉が
やっと呪いから解放されると喜んでいる笑

スポンサーリンク