大したことじゃないけど、神様っているんだな、と感じたあの日の出来事

3姉妹で出雲旅行に行ったんだ。
言い出したのは下の姉で、
確か遷宮だかで出雲大社が話題になってて、
ぜひこの年に行きたいという事で3姉妹揃って旅に出た。
神在月がいいと次姉の意見により、
ちょうど今の時期より少し前くらいの日だったな。
話題の場所を色々回って観光を楽しみ、
出雲そばうまいうまいと食べ、
帰りに駅でおみやげを買う段になった。

スポンサーリンク

その日たまたま駅ではキャンペーンをやっていて、
お買い上げレシート5000円以上だかで福引1回、
みたいな奴。

3人分の合計金額が2回分くらいになったので、
広告に気づいてなかった2人の姉誘って福引所行ったんだよ。
福引所はその時たまたま誰も並んでいなくて、
よっしゃあラッキーと挑戦。

すると大当たり、2連続で1等2等。
駅の商店街で使えるクーポン7000円分くらい当たった。
いやあ驚いた。
いいのかな、旅行者のうちらがかっさらっちゃって!
とか喜ぶよりも先にあわあわしてた。

スポンサーリンク

当たるなんて思ってなかったし、
捨てるくらいなら活用しようとしていただけだったから。

結局、出雲の神様が旅の記念にってくれたんだ、
といい風に解釈して、3人で分けて
そこで買い物し還元することにした。

私はあーすで靴を買い、
姉はなんと出雲大社に詣でた時に
バッグが壊れてしまった為、
新しいバッグ買ってた。

2人とも『出雲靴』『出雲バッグ』と呼んで、
割と大事に使っているつもり。
上の姉は何買ったか忘れた。

大したことじゃないけど、神様っているんだな、
と感じたあの日の出来事。
横目で見ていた時はいつも行列が出来てた福引所、
その時に限って運よく誰もいなかったのも、
神の

自分用に買った出雲そば、存在を忘れてて
賞味期限切れてたのを今日食べた記念に。

スポンサーリンク